プロバイダーとはプロバイダーの基礎知識

インターネットへの接続はプロバイダーとの契約が必要

プロバイダーとは

インターネットへ接続をするには、まず、回線を自宅やオフィスの中へ引き入れるための開通作業が必要です。
さらにその回線を利用するために、IPアドレスと呼ばれる識別番号を取得しなければならないことはご存じでしょうか。

IPアドレスとは、インターネット上での自分のパソコンの住所のようなもの。例えば「123.45.678.9」などと、「.」で区切られた4つの数字が並んだ番号のことです。実際はそれぞれ0〜255までの数字で表されています。

インターネットを利用するためには、この自分のパソコンの住所となる識別番号が必ず必要です。画像やメールという荷物をインターネットから受け取ることを想像してみて下さい。誰とも重複しない住所がなければ、荷物を受け取ることができないのです。

プロバイダーとは

プロバイダーは、正式にはインターネットサービスプロバイダー(ISP)といいます。これはパソコンをインターネットに接続するときに必要な、様々なサービスを提供する事業者のことを指します。

プロバイダーの主な役割は「インターネット上でパソコンの住所となるIPアドレスを割り当てること」です。しかし最近ではインターネットの普及に伴い、様々なサービスを展開するプロバイダーが登場しています。
つまり、インターネットを利用するためにはプロバイダーとの契約が必ず必要であり、より快適なインターネット環境を整えるためには、提供するサービスの内容などから適切なプロバイダーを選ぶことが重要です。

インターネット回線とプロバイダーの違い

回線とプロバイダーの両方が必要

インターネットを利用するには回線とプロバイダーの両方が必要ですが、インターネット回線を扱う会社とプロバイダーは異なります。

インターネット回線には光回線やADSL、ケーブルテレビ、無線(主にWi-Fi)といった種類があり、NTT各社やケーブルテレビ各社などがそれぞれの回線を管理しています。
プロバイダーは回線業者と提携して利用者にインターネット環境を提供しており、いわば回線業者と利用者の仲介を行っているようなイメージです。

セットで提供する一体型サービスも

一方、回線業者がプロバイダーを兼ねていることもあります。
例えば、ケーブルテレビ各社は自社の回線を使い、ケーブルテレビの回線を使ったインターネット環境を利用者に提供しています。

他にも、プロバイダーによっては通信回線と一体型のものもあり、その通信回線を利用したテレビや電話など、オプションサービスを提供していることもあります。
プロバイダーの仕組みや役割を知ることで、自分に合ったサービスを提供する事業者を選ぶことができます。

プロバイダーの提供する主なサービス・役割

プロバイダーは、利用者が便利にインターネットを活用できるよう、さまざまなサービスを提供しています。ここでは、そのサービスについて紹介しましょう。

IPアドレスの割当・管理

プロバイダーは、契約者に対してIPアドレスを付与しています。また、プロバイダーはこの番号で契約者の管理も行っており、トラブルが起きたり契約者が悪質な利用を行ったりした場合には、プロバイダーが利用者を特定するためにIPアドレスを活用しています。

電子メールアカウントの提供

インターネットへの接続には、入り口となるサーバーと呼ばれるコンピューターを経由する必要があります。サーバーとは、画像や動画など様々なデータが置かれたインターネット上の倉庫のようなもの。この倉庫を自分のパソコンが覗きに行くことで、中の画像や動画などを閲覧したり、逆にデータを保管したりできるという仕組みです。サーバーに対して、自分のパソコンのことを「クライアント」と呼びます。

プロバイダーは接続環境提供のために、24時間稼働する大きなサーバーを運用しています。その中のひとつが、メールのデータが置かれているメールサーバー。このメールサーバーという倉庫から自分宛のメールを受け取ったり、逆に誰かへ届けるメールを保管したりすることで、メールの送受信ができます。

また、ホームページを開設するサービスを提供しているプロバイダーならば、ホームページサーバーも運用しています。文章や画像などといったホームページのデータをこの倉庫に入れておき、訪問者がそのデータを見に訪れることで、ホームページを閲覧できるというわけです。

通信機器の提供や契約時の設定サービス

プロバイダーによっては、モデムやルーターといった通信機器を提供することもあります。どちらもパソコンをインターネットに繋ぐための機器ですが、その機能には大きな違いがあります。

モデムは、パソコンにとっての翻訳機のようなもの。ADSLは電話回線を利用しており、電話回線を流れるインターネットの情報はアナログ信号となっています。パソコンはデジタル信号しか理解できないので、アナログ信号をデジタル信号へ、またその逆へと変換する必要があります。モデムは、翻訳機としてこの変換作業をしてくれるというわけです。

光回線の場合はADSLと異なり、回線を通る情報は光信号でできています。このため光回線の場合はモデムの代わりに、翻訳機としてONUという機器が必要になります。

ルーターは、2台以上のパソコンなどの端末で同時にインターネットを利用する際に必要な機器です。インターネットという道路を複数のパソコンへと繋ぐための、中継地点と考えると分かりやすいでしょう。このルーターは、直接パソコンへケーブルで接続するものと、無線で接続できるものとの2種類が存在します。

インターネット回線を利用した電話サービス

インターネット回線を利用した電話サービスをオプションとして提供するプロバイダーもあります。通信費を節約したいといった必要に応じて、こうしたオプションサービスを利用するのもよいでしょう。

また、契約者がインターネットを利用中、接続に関するトラブルや問題が生じた場合には、電話やメールでサポートするサービスもあります。インターネットへうまく接続することができない場合でも、各社のサポートセンターへ問合せをすることで解決できるでしょう。

インターネット回線を利用したテレビ放送サービス

光回線を使ったテレビ放送サービスを提供しているプロバイダーもあります。
プロバイダーにもよりますが、地上波やBS放送、CS放送などに対応しており、「視聴可能なチャンネルの種類が豊富である」というメリットがあります。

加えてアンテナが必要ないため、天候の影響を受けにくいことも利点のひとつ。
ハイビジョン画質対応のサービスなら、より鮮明な画面でテレビ放送を楽しむことができるでしょう。

セキュリティ・ウイルス対策サービス

マカフィー株式会社やトレンドマイクロ株式会社など、インターネットセキュリティを専門に取り扱っている会社と提携し、独自のセキュリティツールを提供しているプロバイダーもあります。
有害なサイトのブロックやウイルス対策はもちろんのこと、迷惑メールのブロック、インターネット・テレビの利用時間の制限、クラウドサービスへのデータバックアップなど、機能は多岐にわたります。また、セキュリティサービスの利用や更新が無料になるお得なプロバイダーも。セキュリティや安全性を重視する方は、こうしたサービスのついているプロバイダーを選ぶことをおすすめします。

プロバイダーの料金について

「安定して速いインターネット回線にしたい。でも、利用料金は安く抑えたい……」、パソコンやスマートフォンなどでインターネットを利用している方なら、誰もが思うのではないでしょうか。

基本的にプロバイダーの料金は戸建住宅と集合住宅(マンション等)で料金体系が変わり、回線速度が速くなるにつれて料金も高くなります。「〇ヶ月以降は無料」というように、継続利用により徐々に安くなる料金システムもあります。
もちろん、契約途中でコースを変更することも可能です。ただし契約手数料が別途発生する場合もあるので、契約前に確認しておくほうがベターでしょう。

また、スマートフォンとその他のインターネットの利用料金を合わせて割引するサービスを取り扱っているプロバイダーもあります。いわゆる“大手三大キャリア”だけでなく、格安スマホとの組み合わせを取り扱っているところもあるため、お使いのスマートフォンが対応している料金サービスからプロバイダーを選ぶのもひとつの方法です。

プロバイダーを選ぶときのポイント

プロバイダーを選ぶときのポイントをまとめると、以下のようになります。

  • ・どの回線(光回線、ケーブルテレビなど)を利用しているか
  • ・自分の棲んでいる地域に対応しているか
  • ・マンションの場合は既存の回線を利用可能か、別途工事が必要か
  • ・希望の速度が期待できるか(環境によるので問合せが必要)
  • ・設定が簡単か、通信機器の貸し出しなどのサポートはあるか
  • ・電話、テレビ、メールアドレスなどのサービスはあるか
  • ・信頼できるセキュリティサービスがあるか
  • ・料金体系は適切か
  • ・スマートフォン料金とのセット割引サービスやキャッシュバックはあるか

プロバイダーの「料金」に注目して選ぶ際の選び方については、こちらも併せてご覧下さい。

BBIQを選ぶ理由

BBIQでは、光回線1本でインターネットもテレビも電話も楽しめるサービスをご提供しています。通信品質を劣化させないようにマンションの各部屋まで光回線を引く「FTTH方式」を採用し、テレビも地上波、BS、CSと多チャンネルを用意しています。

マカフィー株式会社と提携したBBIQ トータルセキュリティというサービスも無料でご利用可能です。

ご不明点があれば、お気軽にお問合せ下さい。

プロバイダーは快適なインターネット環境を提供している

インターネットの接続には、準備が必要です。プロバイダーは、IPアドレスやモデムの提供を行う通信業者として、利用者のインターネット接続環境をサポートしています。また、利用者に対してさまざまなサービスを提供し、安全かつ快適なインターネット利用を支援する存在です。

インターネットはビジネス・プライベートなど、幅広いシーンで活用されています。

つまり、快適な環境整備のために、プロバイダーは社会インフラ事業者として機能していると言えます。インターネット接続を検討する際は、慎重にプロバイダーを選びましょう。

初めてのプロバイダー

お申込みはかんたんWeb申込みがおすすめ!ご不明な点はお気軽にお問合せください。
お電話でのお申込みは【申込み相談ダイヤル】0120-98-6009 通話無料/年中無休 受付時間:9:00〜21:00
ご不明な点がある方は