プロバイダーの速度

インターネットを使っていて急に読み込みが遅くなってしまい、いつも楽しんでいた動画が楽しめなくなってしまった際、どこに問合せればよいのかといったことや、戸建住宅とマンションなどの集合住宅では速度に違いはあるのだろうかと疑問に思っている方も多いのではないでしょうか? ここでは、そういったプロバイダーの速度に関する疑問についてわかりやすくご説明します。

かんたんに試せるプロバイダー速度の改善方法

インターネットの通信速度は様々な要因で変化するため、かんたんには実施できないものもあります。ここではその中でもかんたんに実践できる回線速度の改善策を紹介します。

LANケーブルの問題

LANケーブルには規格があり、昔のケーブルでは十分な通信速度がでないことがあります。 特にCat5(カテゴリー5)は通信速度は100Mbpsであるため、交換が必要です。 また、LANケーブルは力に弱く、折り曲げると状態が悪くなるため注意が必要です。

無線ルーターの種類

無線ルーターによって対応できるネット速度が異なるため、注意が必要です。 1Gbpsの回線を使っていたとしても、無線LANが100Mbpsまでしか対応していない場合、十分にスピードを出すことが難しくなってしまいます。

ルーターの位置

ルーターは他の電子機器の電波干渉の影響を受けることがあるため、他の電子機器から離す必要があります。また、障害物は電波を妨げるので、棚の奥などの遮蔽物が多い場所への設置は避けてください。電波はルーターから同心円状に広がるという性質を踏まえると、家の中心部への設置が望ましいです。

プロバイダーによって速度が異なる原因

インターネットの通信速度は、プロバイダーによって異なります。ここでは、速度が異なる理由を紹介します。

プロバイダーに加入している人数

集合住宅では、プロバイダーに加入している人数によって、インターネットの通信速度は異なります。1つの光回線をシェアしている場合、プロバイダーへ加入している人数が増えれば増えるほど、光回線が渋滞してしまい、通信速度が遅くなってしまいます。

プロバイダーの設備

プロバイダーの設備が十分であれば、加入者が増えても安定した通信速度の提供が可能です。プロバイダーの設備によって、接続トラブルの頻度や復旧への時間が変わります。プロバイダーの設備の拡大情報や接続トラブルのお知らせなどを確認しましょう。

プロバイダーが提供している回線速度のプラン

プロバイダープランによっても、インターネットの通信速度は異なります。例えば、BBIQであれば、ギガコースだと通信速度は上り下り最大1Gbps、100メガコースだと通信速度が上り下り最大100Mbpsと違います。プロバイダーが提供している回線速度のプランを確認しましょう。

※ 表記の金額は全て税抜です。別途消費税がかかります。

※ 表記の金額は全て税抜です。別途消費税がかかります。

page_top