プロバイダーの速度

インターネットを使っていて急に読み込みが遅くなってしまい、いつも楽しんでいた動画が楽しめなくなってしまった際、どこに問合せればよいのかといったことや、戸建住宅とマンションなどの集合住宅では速度に違いはあるのだろうかと疑問に思っている方も多いのではないでしょうか? ここでは、そういったプロバイダーの速度に関する疑問についてわかりやすくご説明します。

かんたんに試せるプロバイダー速度の改善方法

インターネットの通信速度は様々な要因で変化するため、かんたんには実施できないものもあります。ここではその中でもかんたんに実践できる回線速度の改善策を紹介します。

LANケーブルの問題

LANケーブルの性能が低いことが原因としてあげられます。LANケーブルには規格があり、昔のケーブルでは十分な通信速度が発揮できないことがあります。 現在は、「CAT5」「CAT5e」「CAT6」「CAT6A」「CAT7」「CAT8」等の規格が普及しており、特にCat5(カテゴリー5)は通信速度は100Mbpsであるため、交換が必要です。 また、LANケーブルは力に弱く、折り曲げると状態が悪くなります。
その他にも、直射日光や高温、湿気やカビによっても劣化してしまうため注意して使用するようにしましょう。
LANケーブルの性能が低い場合や劣化してしまった場合は、買い替えるようにしましょう。

無線ルーターの種類

無線ルーターによって対応できるネット速度が異なるため、注意が必要です。そのため通信回線が速くても、通信するルーターの性能が高くなければ通信速度の低下につながります。例えば、1Gbpsの回線を使っていたとしても、無線LANが100Mbpsまでしか対応していない場合、十分にスピードを出すことが難しくなってしまいます。この場合は高性能なルーターへの交換が必要です。自宅のルーターの性能を確認してみましょう。

ルーターの位置

ルーターの置き場所にも注意が必要です。電波は距離が近くなれば強くなり、遠くなれば弱くなります。また障害物があっても弱くなってしまいます。特に金属や水、コンクリートとは相性がよくありません。そのため、棚の奥などの遮蔽物の多い場所や水槽の近く、コンクリート製の壁の近く等への設置は避けるようにしましょう。その他にも電子機器の電波干渉の影響を受けることがあるため、電子レンジやIHヒーターなどの他の電子機器から離す必要があります。
また、基本的に電波はルーターから同心円状に広がるという性質があります。そのため、設置場所は家の隅々まで通信が届くよう家の中心部かつ、床から1~2メートル高いところへの設置が望ましいです。

使用しているスマートフォン・PCの再起動

プロバイダーではなく、使用している機器が問題の場合もあります。速度が遅い場合は、使用しているスマートフォンやPCを再起動を試してみるのも一つの手です。複数のアプリケーションを使用しているときは、再起動してみると速度が改善するケースがあります。

無線接続ではなく、有線接続を利用する

有線接続は、無線接続よりも電波が安定しているため、通信が安定しています。そのため、無線で接続している場合は、有線LANでの接続を試してみてください。

セキュリティソフトの設定を見直す

セキュリティソフトによる速度低下が考えられます。その場合、セキュリティソフトの不要な機能を削ることで速度が向上する場合があります。

プロバイダーによって速度が異なる原因

インターネットの通信速度は、プロバイダーによって変わることはほとんどありません。しかし、プロバイダーによって通信速度の安定性が乱れることがあります。ここでは、そのおもな原因を紹介します。

プロバイダーに加入している人数

プロバイダーの利用人数が多いと、通信速度が不安定になることがあります。そのため集合住宅では、プロバイダーに加入している人数によって、インターネットの通信速度は異なります。1つの光回線をシェアしている場合は、プロバイダーへ加入している人数が増えれば増えるほど、光回線が渋滞してしまい、通信速度が遅くなってしまいます。特に夜間などのアクセスが集中する時間帯はつながりにくくなる傾向にあります。

プロバイダーの設備

プロバイダーの設備の充実度によっても影響を受けます。プロバイダーの設備が十分であれば、加入者が増えても安定した通信速度の提供が可能です。プロバイダーの設備によって、接続トラブルの頻度や復旧への時間が変わります。プロバイダーの設備の拡大情報や接続トラブルのお知らせなどを確認しましょう。

通信方式

通信方式がIPv6に対応しているプロバイダーは回線が混雑しにくく速度が安定しています。IPv6に対応していると利用者が多い時間帯や回線が混雑している場合は自動的に接続方法を変更してくれるため快適にインターネットを利用することができます。

プロバイダーが提供している回線速度のプラン

プロバイダープランによっても、インターネットの通信速度は異なります。例えば、BBIQであれば、ギガコースだと通信速度は上り下り最大1Gbps、100メガコースだと通信速度が上り下り最大100Mbpsと違います。プロバイダーが提供している回線速度のプランを確認しましょう。

回線速度の目安は?

回線速度の目安は、利用方法によって異なります。文章だけのメールや画像が少ないホームページの閲覧などは1メガ~30メガで十分ですが、ネットショッピングの閲覧や、動画の再生、音楽鑑賞などは100メガ~500メガが利用方法の目安となります。インターネットの回線速度については、インターネットの回線速度とは?光回線はなぜ速いの?で詳しく紹介しています。

プロバイダーの速度が改善しない場合は乗換えを検討

プロバイダーの速度が改善しない場合は、根本的な解決が必要になります。その場合は、乗換えを検討しましょう。BBIQでは、高画質な動画や映画をストレスなく楽しめる速度の速い1ギガコースもご用意しております。速度が速ければ用途に左右されずに快適にインターネットが利用できるようになります。

BBIQ光インターネット(光回線)についてはこちら

※ 表記の金額は全て税込です。
※ ご請求額は、税抜価格の合計に消費税相当額を加算し、1円未満を切り捨てます。そのため、個々の税込価格の合計とは異なる場合があります。

※ 表記の金額は全て税込です。
※ ご請求額は、税抜価格の合計に消費税相当額を加算し、1円未満を切り捨てます。
そのため、個々の税込価格の合計とは異なる場合があります。

page_top