プロバイダーの選び方|失敗しない5つの方法

国内にはたくさんのプロバイダーがあり、どれを選べばよいのか、なかなか決めるのが難しいと思います。
ここでは、プロバイダー選び方のポイントを「インターネットの利用の仕方」「料金プラン」「住宅環境」「プロバイダーのサポート体制」「サービス内容」の5つにわけてご紹介します。
自分にあったプロバイダーを選べるように、ぜひ参考にして下さい。

インターネットの利用の仕方から選ぶ

利用スタイルに合わせて選ぶ

近年、スマートフォンをはじめとした新しい情報端末の普及によって、パソコン以外のインターネット活用が広がってきています。総務省の調べでは、2020年時点でのスマートフォン普及率は、86%を突破し、利用者のほとんどはアプリやブラウザを介してインターネットを利用しています。さらに、ゲーム機やタブレットをインターネットへ接続するなど、その活用方法はますます多様化しています。

その多様化にあたって考えたいのが、プロバイダーの選択です。これまでは、割引やキャッシュバック等キャンペーンの内容や、料金や速度といった部分が比較のポイントでした。しかし、現在では人それぞれのインターネット利用のスタイルや、使う端末の種類・場所によって、より広い選択肢からプロバイダーを選ぶようにした方がよいといえます。

自分の使い方を把握する

まずは、自分がインターネットに接続する際に、どのような機器を利用しているのか、その利用頻度はどれくらいなのかについて考えてみましょう。

インターネット接続は、主にパソコンで行い、調べ物や動画サイトの視聴をするという方は、固定回線の契約が基本でしょう。しかし、最近はスマホやタブレットでもインターネットを使いたいという方も多いと思います。せっかくスマホで動画を見ていたのに、動きが重くなってしまった、読み込みスピードが急激に遅くなってしまった、という経験をお持ちの方がいるなら、Wi-Fiの利用もオススメです。

スマホの動きが遅くなった原因は、帯域制限です。この制限は、スマホやタブレットの契約で、設けられた一定のモバイルデータ通信量を超えた際に、低速での通信に自動的に切り替わってしまうというものです。家でWi-Fiを利用することで、この帯域制限を回避しやすくなります。まずは自分がスマホやタブレットを含めて、インターネットをどれくらい使うか把握した方がよいでしょう。

スマホやタブレットを使っている方は、Wi-Fiでより利便性を高めることができる

そもそも、Wi-Fiとはいったいどのようなものでしょうか。Wi-Fiは、LANケーブルと呼ばれるインターネット接続用のケーブルを差し込まなくても、インターネットへの接続が行える無線技術です。

Wi-Fiを利用するメリットとしては、ケーブルによる配線が不要となること。ノートパソコン、スマホやタブレットといった複数の端末での利用や、離れた場所から無線を使ってインターネットに接続ができるといったことがあげられます。また、Wi-Fiを利用することで、スマホやタブレットのモバイルデータ通信量を減らし、帯域制限を回避することもできます。

モバイルデータ通信を交通量に制限のある道路だとしたら、もう1本のWi-Fiという道路を設けることで片方の交通量を減らすことができます。インターネットに接続する頻度が高ければ、Wi-Fi環境を提供しているプロバイダーとの契約を考えてみましょう。

通常、このWi-Fiを固定回線でつなげようとする場合には、「無線ルーター」と呼ばれる専用の機器が必要です。しかし、プロバイダーの提供するモデムの中には、これと同じ機能を最初から持っていることもあります。ただ、業者によって有料・無料の違いがありますので、契約時に確認するようにしましょう。

動画の視聴やSNSへの投稿もストレスなく

帯域制限を回避できるようになれば、動画やSNSの利用もスマホで気兼ねなく楽しめるようになるでしょう。特に動画を視聴するには多くのデータ通信量が必要となります。家ではWi-Fiを利用する、外ではモバイルデータ通信を利用するといった使い分けをして、バランスよく2本の道路を使うことで片方に道路の交通量が偏らないようにすることが可能になります。

インターネット料金プランから選ぶ

使用料金で選ぶ

インターネットを利用するためには、回線料とプロバイダー料の両方が必要であり、プロバイダーの料金も様々なプランがあります。インターネットの利用料金をできるだけ抑えたいと考える方も多いでしょう。今回は、プロバイダーや料金プランを比較する際に、チェックしておきたいポイントについて紹介します。

プロバイダーと回線が別契約か一括契約か

まずインターネットの利用には、プロバイダーと回線を利用するための契約、これら両方が必要です。プロバイダーと回線会社の契約が別の場合は、それぞれに料金がかかってしまいます。しかし、回線提供とプロバイダーのサービスをまとめて提供しているプロバイダーもあります。料金的にもおトクで、請求先も一括なので便利なことが多いでしょう。

また、Wi-Fiを利用してインターネット接続を行うサービスを提供するプロバイダーの場合にも一括での請求ができます。一度に引き落としされるので料金の把握もしやすく、便利ですので、プロバイダー選びで迷ったらこういった会社を選ぶのも選択肢です。

月額料金にどんなサービスが含まれているか

プロバイダーとの契約に含まれる月額料金には、インターネットの利用だけでなく、他のサービスの提供が含まれていることもあります。

例えば、近年、パソコンやスマートフォンのウイルス対策について、盛んに注意喚起がなされています。人混みのなかに行く際、マスクをしているほうが風邪を引きにくいのと同じように、インターネット上においてもウイルスソフトによって対策を行うことが効果的です。そのため、パソコンはもちろん、お持ちのスマートフォンやタブレットにもセキュリティソフトを導入することが推奨されています。

しかし、市販のソフトは、6千円前後が相場の上に、使用台数制限がかかっており、パソコンだけでなくスマートフォンにもインストールするとなれば、その費用はさらに高くなってしまいます。そこで、注目したいのがプロバイダーのセキュリティサービスです。

実は、プロバイダーのサービスの中には、月額料金にセキュリティソフトの利用が含まれているケースがあります。こういったソフトの提供が行われるのであれば、全体でみた時にはかなりの節約が可能になります。月額料金にこうしたサービスが含まれているプロバイダーを選ぶのもよいでしょう。

契約期間を確認する

プロバイダーによっては、契約する期間によって料金が大きく異なる場合もあります。この先数年は引っ越しの予定がないなら、契約期間が長い条件のプランを選べば使用料金を安く抑えられることもあります。どのくらい自分がその住宅に住み、インターネットを利用することになるのかといった視点で、今後の生活に応じたプランを選ぶことが大切です。

インターネットを使う住宅環境から選ぶ

住宅環境で選ぶ

インターネットを開通させる際には、プロバイダーと呼ばれる通信事業者との契約が必要です。しかし、全国の全てのプロバイダーと契約できるわけではなく、それぞれ対応のエリアが決まっており、その範囲外では契約を結ぶことができません。そのため、新たにプロバイダーとの契約時には、現在お住まいの場所がプロバイダーの対応エリアかどうかの確認が必要です。

また、マンションをはじめとした共同住宅の場合には、すべての部屋に共通で回線が引かれていますが、プロバイダーについても自由に選べる場合と、指定されている場合があります。引っ越しや乗換え時には、どのような回線が引かれているのか、どこのプロバイダーとの契約が可能か調べておきましょう。

プロバイダーのウェブサイトには、「サービスエリアの確認」といったページが設けられていることがほとんどです。このページを開いて見ると、戸建住宅か集合住宅か、といった選択肢がいくつか表示されるでしょう。これらの項目を一通り入力したり、住所を入力したりすると、そのプロバイダーがご自宅の地域で利用可能かどうか調べられます。

マンションなどの集合住宅の場合

集合住宅は、同じ建物内で利用している人の数によって料金が変動します。1回線を利用世帯分で分割して利用できるため、特定のプロバイダーに加入者が多ければ多いほど、1世帯の料金プランが安くなります。マンションやアパートでは、契約できるプロバイダーが指定されているケースがあります。もし、現在契約中のプロバイダーから変更するのであれば、オーナーや管理組合・会社に確認を取ることが必要です。

居住期間によってはオトクな場合も

しばらく引っ越しを行う予定がない方や、解約の予定がないことを前提にプロバイダーをお探しの方は、長期プランを提供している会社を選ぶのも選択肢です。長期プランでは、通常よりも月額利用料金が安くなるという場合が多いです。

特に、新築で戸建を建てる際には、こういった長期プランについても調べてみるとよいでしょう。戸建で長期プランを利用するメリットとしては、プロバイダー変更の度に何度も工事をして家を傷つける必要がありません。新築戸建の場合は、建築中に工事をすることで配線等室内の見た目もきれいで、工事もスムーズに行うことができます。新築を機に引っ越しをする場合は、早めにプロバイダーに相談すると良いでしょう。

プロバイダーのサポート体制から選ぶ

サポート体制で選ぶ

インターネットへ接続するためには、機器やパソコン側の設定を行う必要があります。初めての方はやり方が分からず、インターネットにうまく接続ができないこともあるかと思います。そこで、インターネット初心者の方であれば特に気にしたいのが、プロバイダーのサポート体制についてです。

プロバイダーには、初期設定のときや、急にインターネットへの接続ができなくなってしまったときのために、電話や出張によるサポートサービスを提供していることがあります。契約時には、サポート体制の整っているプロバイダーかどうかに注目してみましょう。

設定サポートがあると非常に便利

インターネット初心者にとって、インターネット接続の設定は難しく感じてしまうものです。近年は、接続設定を複数台のパソコンで行ったり、無線を使ってインターネットを利用するためにスマートフォンやタブレットのWi-Fi設定をしたりと、作業が複雑化しています。また、必要となる機器も増えており、これまでは慣れていたという方でも、時間がかかってしまうケースも少なくありません。

パソコン1台までは、無料で設定を行ってくれるといったプロバイダーも多いですが、複数台の設定や、プリンター・ゲーム機といったものまでは、サポートしてくれないことがほとんどです。しかし、有料で、全ての機器の設定に一括で対応するプロバイダーもあるため、確認してみるとよいでしょう。特に初期設定に不安がある方には、おすすめです。

サポート窓口の使いやすさをチェックする

インターネット接続に関するトラブルは、初期設定だけではありません。急に回線がつながらなくなってしまったり、周辺機器での問題が起きたりと、トラブルも起こりがちです。

特に、現在は多くのご家庭で、複数台の機器にさまざまなソフトウェアをインストールしたり、モデムに多くのケーブルを差し込んだりしており、トラブルの原因がなかなか特定できないこともあります。さらに、この状態でさまざまな設定を変えてしまったがために、より複雑なトラブルに発展してしまうことも珍しくないのです。

そんなときに、プロバイダーからサポートが得られれば安心です。リモートサポートと呼ばれるサービスでは、オペレーターが遠隔操作により画面上で作業の補助を行ってくれます。また、各設定や作業を出張対応でお願いすることもできます。インターネット接続以外にも、パソコンの故障やソフトの使い方などでトラブルを抱えることも多くあるでしょう。困った時になんでも聞けるようなサポート体制のあるプロバイダーを選ぶと安心だといえます。

プロバイダーのサービス内容から選ぶ

サービス内容で選ぶ

プロバイダーを決める際、キャンペーン内容や、料金、速度などを見比べて選ぶという方も多いでしょう。しかし、それらを見比べても、どちらが良いのかわからないという方もいるかもしれません。そんなときには、プロバイダーのサービスや特典に注目してみましょう。

プロバイダー各社は、他社との差別化を図るために、独自のサービスや会員向けのおトクな特典を用意しています。もしかしたら、大きなメリットがあるかもしれませんので、各社のサービスを見比べてみるのも、プロバイダーを選ぶ上でひとつの指標となるはずです。

配線や設定のサービス

パソコンをはじめ、プリンターやスマホ、無線ルーターにゲーム機など、インターネット接続に初期設定が必要な機器は数多くあります。初心者にとっては、それぞれの機器をLANケーブルで接続していく配線だけでも大変であり、これらの設定をすべて行うのはなかなか敷居が高いものです。

プロバイダーのサービスには、こういった接続や設定をすべてプロのスタッフへお任せできるものもあります。もし、初期設定に不安があるのであれば、こういったサービスを上手に活用しましょう。

ウイルス対策などのセキュリティサービス

インターネットの活用で注意しなければならないのが、ウイルスをはじめとしたセキュリティ対策です。対策を行わずにインターネットを使用するのは、真冬に裸で外に出るようなものだといえるでしょう。すぐに風邪を引いてしまう可能性があります。パソコンもウイルスに感染してしまうと、調子が悪くなったり、起動できなくなってしまったりする可能性があります。

人が予防接種をするように、パソコンにも予め対策を施しておくことが大切です。とはいえ、初心者の方の場合には、数あるセキュリティソフトのどれが最適なのか、どうやって使用するのかがわからないかもしれません。そこで、セキュリティサービスを提供するプロバイダーを選ぶのがおすすめです。特に無料でサービス提供を行っているプロバイダーなら、自分で面倒な作業をすることなく、おトクに安心してインターネットを利用できるようになるでしょう。

会員が利用できる特典

プロバイダーのなかには、毎月プレゼント企画を開催しているところもあります。旅行の割引サービスや、スマホの購入をおトクにするクーポンの発券など、嬉しい特典が満載なプロバイダーもあるので、確認しておきましょう。なかにはホテルやレジャー施設、レストランのサービスを会員限定価格で利用できるといったサービスを提供するプロバイダーもあります。暮らしを楽しくする特典を提供しているプロバイダーを選ぶのもよいでしょう。

自分に合うプロバイダーを選ぼう

プロバイダー選びでは、キャンペーン内容や料金、速度といった面に目が行きがちです。しかし、インターネットの利用の仕方や住環境、サポート体制などトータル的な面を加味したうえで、自分に合うプロバイダーを選ぶのが良いでしょう。自分に合うプロバイダーを選ぶことができれば、不満なく充実したインターネットライフが送れるようになります。

BBIQでは、あらゆるインターネットの利用の仕方やお客さまのご利用状況に応じて選べる料金プランを用意しています。プロバイダー選びでお困りの方、今契約しているプロバイダーから乗換えを検討している方はぜひ一度お問合せください。

※ 表記の金額は全て税込です。
※ ご請求額は、税抜価格の合計に消費税相当額を加算し、1円未満を切り捨てます。そのため、個々の税込価格の合計とは異なる場合があります。

※ 表記の金額は全て税込です。
※ ご請求額は、税抜価格の合計に消費税相当額を加算し、1円未満を切り捨てます。
そのため、個々の税込価格の合計とは異なる場合があります。

page_top

-->