プロバイダーの契約方法と失敗しないポイント

プロバイダーの契約は、何だか難しいと感じている方もいるのではないでしょうか?
ここでは、プロバイダーとの契約方法から、契約特典や契約で失敗しないポイントなどをご紹介します。
プロバイダーの契約は、新生活をはじめる時など数年に一度と機会は限られているもの。後悔しないプロバイダー契約ができるように、しっかりと確認しておきましょう。

インターネットにはプロバイダー契約が必要

インターネットにはプロバイダー契約が必要

インターネットを利用するためにはパソコンや周辺機器などを用意する他に、インターネットプロバイダーや回線事業者との契約が必要です。 インターネットを大きな幹線道路にたとえて考えると、幹線道路と私たちの自宅を繋ぐ道を用意してくれるのが回線事業者。その道を行き来する車を用意してくれるのがプロバイダーです。

プロバイダーという車、回線という道路、その両方が揃っていなければインターネットにたどり着くことはできません。つまり、私たちがインターネットを利用するためには、プロバイダーと回線事業者両方との契約が必要不可欠なのです。

プロバイダーの役割

プロバイダーは、利用者と回線業者をつなぐ役割を持っています。プロバイダーがインターネットに接続するために必要なIPアドレスを発行し、利用者は発行されたIPアドレスからインターネットに接続します。

プロバイダーはIPアドレスの発行以外にも、メールアドレスの発行やルーターの貸し出しなど、利用者のサポートを行っている場合もあります。

プロバイダーの「役割」については、こちらも併せてご覧ください。

プロバイダーとは?基礎知識や確認方法をわかりやすく解説

自社で回線を保有しているプロバイダーなら便利!

一般的にはこの回線事業者とプロバイダーは別業者であることが多いのですが、中には自社で通信回線を保有・運用しているプロバイダーもあります。先ほどの例えで考えると、インターネットへと送り迎えをしてくれる車と道路を同じ業者が用意してくれるというわけです。この場合はプロバイダーとの契約ひとつで通信回線の契約も済ますことができます。

インターネットの利用に不慣れな初心者の方には、通信回線を保有しており、契約が一括で済むプロバイダーがおすすめです。プロバイダーと通信回線を別々に契約している場合は、例えばインターネットが繋がらなくなるなど何か困ったことがあったときに、どちらのサポート先に連絡をすれば分からないという事態にもなります。

また、料金の支払いについても、別々に契約している場合はインターネットの利用に必要な費用の総額が把握しづらく、引き落としなど支払い日もまちまちなので、支払いの管理が煩雑なのが難点です。2つの業者が同じであればサポート窓口が1つなのでトラブル時にも安心ですし、支払いも一括で済んで利便性が高いので、インターネット初心者の方には特におすすめです。

BBIQは、回線も扱う回線一体型のプロバイダーです。BBIQであれば、支払いや問合せも1つにまとめることができ、面倒な手間も省けます。料金プランは、建物の種類や状況によって異なりますので、プラン内容をご確認いただき、ご自分にあった料金プランをお選びください。

BBIQの料金・プラン情報はこちらをチェック!「光インターネット(光回線)のご利用料金」

光回線の付加サービスに注目

光回線を契約することでインターネットを楽しめるのはもちろんのこと、様々な付加サービスを利用できる場合もあります。

例えば光回線を利用した光電話サービスを利用できたり、光回線のテレビ放送サービスを楽しむことができたりするプロバイダーもあります。

こうした付加サービスはプロバイダーによって内容が大きく異なります。内容を確認するとともに、費用や利用可能な環境などを契約時にしっかりと確認しておきましょう。

引越し時のプロバイダー契約のポイント

引越し時のプロバイダー契約のポイント

引越しをすると、今までのプロバイダーが使えなくなると思っている人もいるのではないでしょうか。
しかし、引越し先でも同じプロバイダーが使えることがあるのです。

プロバイダーを変えずに済むのであれば、同じメールアドレスを引き継ぐことができますし、引越し先での工事費が無料で済むなど料金的に負担がかからない場合も。引越しは何かとお金がかかるものですから、可能な限り出費は抑えたいですよね。この場合には移転手続きが必要となります。移転手続きではプロバイダー業者に対して、移転の連絡をします。連絡内容としては、移転先は戸建住宅なのか集合住宅なのかといった住宅タイプや移転する前の最終利用日や移転先での開通工事日を決めることになります。あらかじめこれらの情報を準備しておくと、スムーズにコミュニケーションをとることができます。

またプロバイダーの電話サービスを利用している方は、同じ電話番号を引き継ぐことができるケースもあります。プロバイダーに事前に問い合わせて、確認しておくと良いでしょう。

引越しの際に必要な手続き

引越し先で同じプロバイダーが使えないと判明した場合は、今まで使っていたプロバイダーへの解約手続きと、新しいプロバイダーへの契約手続きが必要です。

特に解約手続きは忙しくて忘れがちですので、気をつけたいところです。プロバイダーと通信回線を個別に契約していた場合は、両方の業者で解約手続きが必要です。回線だけ解約して、プロバイダーの解約を忘れていたというのはよくあるミスです。プロバイダー料金だけだと安価であることも多いので、使っていないのにずっと口座引き落としが続いていても気づかないことがあるのです。

また引越し先がマンションなどの集合住宅の場合、既に建物全体でインターネット環境が整備されているところもあります。その場合は賃貸料にインターネット利用料金が含まれているかもしれません。引越し前の住居で使っていたプロバイダーの解約を忘れて、二重にプロバイダーの利用料金を支払うことのないようにしましょう。

引越しの連絡はお早めに

引越し先でも同じプロバイダーを継続できるか、変更しなくてはならないかは、プロバイダーによる詳しい調査が必要になることがあり、実際の解約や開通の手続きに時間がかかってしまうこともあります。

例えば、解約する場合に契約者が立ち会いの訪問工事が必要なときがあります。また、引越し先で同じプロバイダーが使えるとしても、以前の入居者がインターネットを利用していなかったり、新築でその部屋自体に回線が引き込まれていない場合は、新居でも工事が必要になることもあります。業者のスケジュール上、繁忙期で工事予約がなかなか取れず、解約や開通に大幅な時間がかかってしまう場合もあります。

こうしたことを防ぐためには、早めの連絡が必要です。引越しが決まったらすぐにプロバイダーのカスタマーサービスへ電話をして、引越しの手続きについて調べておくことをおすすめします。

詳しくは、下記の記事にてプロバイダーの乗換え手続きの流れや手順をご確認ください。

プロバイダーや光回線乗換え手続きの流れ・手順

プロバイダーの契約方法

プロバイダーの契約方法

新たなプロバイダーの利用開始時に必ず必要となるのが契約です。ここでは契約の流れや、契約の際ポイントとなる事柄について説明します。あとから後悔することの無いよう、プロバイダー契約周りの知識をここで確認しましょう。

プロバイダーと契約する前に

プロバイダー契約といっても、乗換える方もいれば、新規で申込まれる方もいると思います。特に乗換えを考えている方は新しいプロバイダーと契約する前に、現在利用しているプロバイダーとの解約が必要になります。まず自分が現在契約しているプロバイダーの確認しましょう。契約時の書類や毎月の契約書を確認し、現在契約しているプロバイダーを特定します。その他の詳細な確認方法は自分の加入しているプロバイダーを確認する方法についてのページで紹介しているので、ご確認ください。

次に現在利用しているプロバイダーの契約内容を確認しましょう。契約プランによっては継続契約期間が定まっており、その他の期間で解約すると、解約料が必要になることもあります。最後にプロバイダーに連絡し、解約手続きをとります。

公式サイトからの申込み

インターネットを利用するためにはまず、プロバイダーとの契約が必要です。利用したい住居がそのプロバイダーを利用できるかどうかもあらかじめ確認することができます。
プロバイダーとの契約にはいくつかの方法がありますが、手軽なのは24時間申込みが可能な公式サイトから申込みをする方法です。

お知り合いからの評判やテレビCMなどを見て、契約してみたいプロバイダーが見つかったら、実際にプロバイダーの公式サイトから申込みの手続きをしてみましょう。

何か調べ物をする時と同じように、希望するプロバイダーの名前を入れて検索すれば、検索結果に公式サイトが表示されるはずです。たいていは公式サイトのトップページに申込みのボタンが大きく表示されていると思いますので、クリックして画面の指示に従って下さい。

申込み時に確認するべきこと

また、この時月額料金や初期費用がいくらかかるのか、しっかりチェックすることが必要です。他にも、月額料金内にどんなサービスの利用が含まれているのかを確認しておいて下さい。

例えばプロバイダーによってはメールアドレスが複数もらえるサービスが含まれていることもありますし、ウイルス対策などのセキュリティがオプション料金なしで利用できる場合もあります。
期間限定のおトクなキャンペーンが実施されている場合もあり、初期手数料が無料になったり、最初の何ヵ月間かは月額料金が無料になることもあります。こうしたキャンペーン期間を狙って申込むのが良いでしょう。

プロバイダー契約で失敗しないポイント

「プロバイダー契約で失敗しないポイント」のイメージ

プロバイダーと契約してから、「こんなはずじゃなかった」「契約して損した」と後悔するのは避けたいものです。あらかじめ契約する前に、プランがどのようなものか、費用も含めて内容をしっかり確認しておく必要があります。

月額料金を把握する

まずは、利用するプランの月額料金をきっちりと把握しておくことが大切です。インターネットはプロバイダーと回線事業者、両方との契約が必要です。プロバイダーだけの月額料金が安価であっても、そこに回線の月額料金も加算されることを計算に入れなければなりません。

また、月額料金というと毎月一定額というイメージがあると思いますが、プロバイダーによって様々な料金プランが設定されており、最近は料金が変動するタイプのプランも多く見られます。

例えば「通信量がここまでなら◯円だけど、超えたら◯円」というように2段階制になっていたり、「◯MBごとに◯円、使った分だけ課金」というように、従量課金制になっている場合もあるのです。こうしたプランの場合は、最低の基本料金が他のプランに比べて格安に設定されています。一見おトクに感じるのですが、使えば使うほど料金が変動して、最終的にいくら支払うのか使用後に確定するので注意が必要です。

インターネットはたくさん使っているという自覚がなくても、自分が思っている以上にたくさんのデータ通信をしているもの。さらにパソコンは、自動的に更新プログラムをダウンロードして通信することもあるのです。不安な方は、2段階制であっても料金の上限が定められているプランや、最初から一定額で変動しないプランを提供しているプロバイダーを選ぶのが良いでしょう。

光回線の方式を把握する

光回線を利用するには最低限、その回線にどのような特徴があるのかを知っておきましょう。

まず、光回線には「光ファイバー」と「光ハイブリッド」の2種類があります。
光ファイバーとは、家の外から中まで直接光ファイバーを引き込んでいる方式のことです。光ファイバーで送られてくるデータを、品質を落とさずそのまま家の中のパソコンまで届けることができます。 扱える通信容量が大きく、安定していることが特徴です。
光ハイブリットとは建物の外までが光ファイバーで、建物の中からは電話線やテレビの同軸ケーブルを利用する方式のことです。これらのケーブルは光ファイバーに比べて品質が大幅に劣るので、建物の中からはどうしても通信速度が下がってしまいます。

マンションなどの集合住宅や、ケーブルテレビの契約の場合は後者が一般的です。しかし回線事業者によってはマンションの各部屋まで光ファイバーを引き込む方式を提供している場合もありますので、ホームページなどで確認しておきましょう。

どちらの方式にしても「光回線だから速い」と早合点すると、契約後に思ったよりも遅くて不満に感じることもあるかもしれません。光回線の通信速度はその仕組み上、住居やパソコンなど様々な環境にも左右されるということも念頭に置いておきましょう。

プロバイダーの契約特典

「プロバイダーの契約特典」のイメージ

多くのプロバイダーは、契約したユーザーに対して様々な契約特典を用意しています。
利用する方によってはかなりの得をする特典もありますので、契約する前によく確認しておきましょう。
また、こうした契約特典は期間が限定されていることも多く見られます。おトクな特典があるタイミングで申込むのが、賢い契約方法と言えます。

入会時の契約特典

入会時の契約特典としては、キャッシュバックや月額・入会費用の割引キャンペーンなどがあります。キャッシュバックとは、大手の電機店やインターネットサイトで実施されているキャンペーンを通して申込みをすることで、利用開始後に現金や商品券をもらえるというもの。万単位で高額のお金が戻ってくる場合もあります。

割引キャンペーンとは、プロバイダーの月額料金や入会時の手数料が無料になったり、割引になったりするキャンペーンのことです。中には開通月を含めて5ヵ月もの長期間、月額料金が無料になるプロバイダーもあります。

入会後、会員への契約特典

契約を済ませて会員となったユーザーへの特典としては、抽選によるプレゼントや会員限定の割引サービス、お友達紹介特典などがあります。

会員限定の割引サービスとは、人気のホテルやテーマパークなど様々なサービスを割引価格で利用できるというもの。最大90%オフになるサービスもあるので、ぜひ活用しましょう。

抽選によるプレゼントとは、期間限定で定期的に実施されている、様々なプレゼントキャンペーンのことです。旅館の宿泊チケットや、野球の観戦チケット、映画の鑑賞チケットなど様々なプレゼントがあります。

お友達紹介特典とは、既に会員となっているユーザーが友達にプロバイダーを紹介し、その友達が入会することで豪華な特典がもらえるというもの。商品券がもらえたり月額料金が数ヵ月無料になったりと、会員も友達も両方が特典を受けられるのが一般的です。

特典をふまえて、月額料金を確認

プロバイダーの契約特典は大変魅力的ですが、これら特典の内容だけでプロバイダーやプランを選ぶのは得策ではありません。特典は豪華だけど、結局支払い金額が高いので結局あまりおトクじゃなかった……という状況は避けたいものです。

特に月額料金の確認は最も重要です。月額料金は、そのプロバイダーと契約している限り必ず毎月継続的に必要となる費用。一回限りの初期手数料と違って長いおつきあいになるので、支払いに無理がないかじっくりと検討することが大切です。

契約時には特典によってどれくらいおトクになるのかに加えて、結果的に実際の月額料金はいくら支払うことになるのか確認するのを忘れないようにしましょう。

プロバイダーの契約期間

「プロバイダーの契約期間」のイメージ

多くのプロバイダーのインターネット利用プランには、契約期間が設定されています。プロバイダーの契約期間とは、プロバイダーとの契約によってユーザーがインターネットを利用できる期間のことです。プランによっては、年単位での最低契約期間が条件になっていることもあり、この期間内に解約をしてしまうと途中解約料金が発生することもあります。契約する前に、その期間や費用などといった条件をよく確認しておくようにしましょう。

インターネットは長期プランの契約がおトク

今後何年も引っ越しをする予定がないと分かっている方は、最初から長期の契約のプランを選んだほうが、費用がおトクな場合があります。

長く使ってくれるユーザーは、プロバイダーにとっては当然有難いおトク意さま。そんなおトク意さまには、特別におトクなサービスをしてくれるプロバイダーもあるという訳です。 一般的には2年間の契約が条件になっているプランを提供しているプロバイダーが多く見られますが、中には5年程の長い契約が条件のプランがあるプロバイダーもあります。こうした長期プランは長い契約が必要である代わりに、月額料金が格安に設定されていることがあるのです。

逆に、短い期間で色んなプランを細切れに契約したり解約したりすることを繰り返すと、その都度手続きに関する工事費用が必要になってしまう場合もあります。 インターネットを長い期間使うことがあらかじめ分かっているのであれば、最初から長い契約のプランを選んでおくのが賢い選択と言えます。

再契約の手間や費用は不要

長い契約期間のプランを選んだ場合、使っているうちに一体いつまでの契約だったのか、契約満了日を忘れてしまいそうだと心配になる方もいらっしゃることでしょう。 しかし、たいていのプロバイダーでは契約満了日が過ぎても契約が自動更新になりますので、再契約の手続きは不要です。再契約の費用もかかりませんし、契約が切れてある日突然インターネットが使えなくなるということもありませんので、安心して利用し続けることができます。

遠隔操作によるプロバイダー契約のトラブル

「遠隔操作によるプロバイダー契約のトラブル」のイメージ

近年、パソコンの遠隔操作(リモート操作)による契約トラブルが問題になっていることをご存じでしょうか。 プロバイダーを変えたという自覚がなく、いつの間にか今まで使っていたプロバイダーが解約されていて、別のプロバイダーと契約させられていたという事例が増えてきています。

具体的には、「インターネットが安くなります」という勧誘の電話をかけてきた相手の誘導により、遠隔操作のツールをダウンロードさせられたり、個人情報を聞き出されて勝手に解約や新規入会をさせられたりといった手口です。

例えば「どれだけ安くなるか、料金を見てください」と言われてインターネットを見ているだけのつもりだったのに、画面に細かい文字で遠隔操作の同意について表示されており、よく確認しないで言われるがまま「同意する」や、「はい」などのボタンを押してしまい、そこからいつのまにか相手に自分のパソコンを遠隔操作されてしまうということもあります。そうした遠隔操作の同意確認にはプロバイダーの利用規約が一緒に書かれているケースも見られ、遠隔操作に同意しただけのつもりが、知らないうちに契約にも同意したことになってしまうのです。
たとえそのプロバイダーの月額料金が現在のプロバイダーより安いとしても、遠隔操作されるとどんなオプションに契約させられるか分かりません。
たくさんのオプションを付けられることにより、料金が大幅に膨れ上がってしまう可能性もあります。「契約したなんて知らなかったからすぐに解約したい」と思っても、高額な違約金が請求されて、泣き寝入りせざるを得ない羽目にもなりかねません。

遠隔操作をさせない

パソコンの初期設定などで困って契約者本人が契約しているプロバイダーに電話をかけ、相談の上で遠隔操作をするというケースはありますが、プロバイダー側が突然電話をかけてきて遠隔操作を勧めることはありません。
また遠隔操作によるトラブルに遭った人からは、「パソコンを起動して言われたことに従っていただけで、遠隔操作をされていたつもりはない」「インターネットを見ていただけのつもりだった」という声も聞かれます。遠隔操作をされているかどうかの判断は難しいものなのです。
これを確実に防ぐには、電話をかけてきた相手がパソコン画面に誘導してきた時点で疑いましょう。例えば「公式サイトに料金が表示されています。
いまパソコンは見れますか?」と軽く誘われても、パソコンを起動しないようにすべきです。
本当にそのプロバイダーが気になるのであれば、プロバイダー名を聞いてメモに控えておき、後で検索して料金を調べるようにしてください。

個人情報を明らかにしない

氏名や住所、電話番号以外にも、プロバイダーのユーザーIDやパスワード、ルーターのパスワードは決して第三者に漏らしてはいけません。
電話でこうした個人情報を明かしてしまうことで、それを元に悪質な業者が契約者本人に成りすまし、勝手に今まで契約していたプロバイダーの解約手続きをしたり、契約してしまうこともあるのです。
業界最大手の業者の名前を言って、「代理店のものです」と名乗ったからといって安心してはいけません。
たとえ実際に契約しているプロバイダーの担当者であっても、ユーザーに電話で個人情報を聞き出すことはないのです。
突然連絡してきた相手がどう名乗ったとしても、個人情報を明らかにしないようにしましょう。
振り込め詐欺などの犯罪と同じく、「自分は大丈夫」と思っている人ほど巻き込まれやすいものです。
ご説明したポイントを 忘れないように、日頃から気をつけておきましょう。

※ 表記の金額は全て税込です。
※ ご請求額は、税抜価格の合計に消費税相当額を加算し、1円未満を切り捨てます。そのため、個々の税込価格の合計とは異なる場合があります。

※ 表記の金額は全て税込です。
※ ご請求額は、税抜価格の合計に消費税相当額を加算し、1円未満を切り捨てます。
そのため、個々の税込価格の合計とは異なる場合があります。

page_top

-->