プロバイダーの価格が高い!料金を抑えるポイント

各プロバイダーによって、価格設定や提供しているサービスが異なるため、料金に不満があるなら一度見直してみるべきです。
この記事では、プロバイダー価格の見直しのために今すぐできることを詳しくご紹介します。

プロバイダーの価格が高い!料金の見直し方

プロバイダーの価格が高い!料金の見直し方

料金を見直すためには、まず現在契約しているプロバイダーの契約状況を把握することが大切です。具体的には、以下の3点を確認しましょう。

  • 契約しているプロバイダー料金を確認する
  • オプションへの加入状況を確認する
  • 割引特典の適用状況を確認する

どれも重要ですので、ひとつずつ確認していきます。

契約しているプロバイダー料金を確認する

プロバイダー料金は、契約する業者やプランによって異なります。月額2,000円程度のサービスもあれば、5,000円を超えるものもあります。プロバイダー料金の確認方法としては、契約しているプロバイダーのホームページにあるマイページから確認できます。
他にも契約書類や請求書を見たり、通帳やクレジットカードの利用明細でも確認可能です。プロバイダー料金の内訳を確認することで、節約すべき部分が見えてくるでしょう。

オプションへの加入状況を確認する

プロバイダー料金を見直すために、オプションへの加入状況も確認しましょう。オプションを確認し、不要なものを外せば料金を抑えることができます。
よくあるオプションとしては、電話でのサポートや機器破損時の補償などがあります。自分の契約についているオプションを、今一度確認してみましょう。

割引特典の適用状況を確認する

プロバイダーと契約する際には、割引特典が用意されることがあります。具体的には、月額料金の割引やポイント還元、現金のキャッシュバックなどたくさんの特典があります。

しかし、割引特典に期間が設定されており、すでに期間を過ぎており、超過料金を支払っている場合もあります。自分の契約にどういった割引特典が付いているのか、また現在適用期間中なのか確認してみましょう。

プロバイダーの価格を抑えるために今すぐできること

ここから、プロバイダーの価格を抑えるために”今すぐ”できることを紹介します。

必要なオプションを外す

不要なオプションが付いていることで、必要以上に料金を支払っている場合があります。契約時には便利と思っても、実際はほとんど利用しないオプションもよくあります。利用しないオプションはなるべく早く解約するようにしましょう。

割引適用プランに申込む

割引適用プランに申込むことで、料金を抑えることができます。例えば、スマートフォンとのセット割に申込むと、インターネット回線の料金自体は変わらなくてもスマートフォンの通信料が安くなり、月々の出費を抑えられます。永年割引が効くプランもあるので、なるべく早く申込むようにしましょう。申込み後に加入できる割引適用プランもあるので、確認してみてください。

プロバイダーを乗換える

プロバイダーを乗換えることで、料金を抑えられる場合もあります。今の月額よりも安い回線であったり、乗換えることでおトクなプランに加入できたりするプロバイダーを探してみましょう。複数のプロバイダーを比較して、一番おトクに利用できる業者と契約することをおすすめします。なお、乗換えるタイミングによっては違約金が発生することがあるので注意が必要です。乗換える場合は、違約金が発生しない契約更新月に申込むのが良いでしょう。

プロバイダーを乗換えるための手順

いざプロバイダーを乗換えようと思っても、わからないことも多いのではないでしょうか。ここではプロバイダーを乗換える際の手順をご紹介します

  • 新しいプロバイダーに申込む
  • 契約中のプロバイダーを解約する
  • 利用開始日にプロバイダーの設定を切り替える

新しいプロバイダーに申込む

新しいプロバイダーへの申込みは、インターネットから可能です。申込みの際の注意点は、利用開始日をしっかりと確認することです。利用開始日については、現在契約中のプロバイダーの解約日と調整する必要があります。日付がずれてしまうと、インターネットを利用できない日が発生してしまったり、料金の支払いが二重になってしまったりするので十分に注意して行いましょう。

契約中のプロバイダーを解約する

新しいプロバイダーへの申込み完了後、現在契約中のプロバイダーの解約手続きを行います。解約に関してもインターネットから手続きできますが、プロバイダーによっては電話で窓口に連絡しなければならない場合もあります。なお、インターネットが利用できない日を作らないためにも、新しいプロバイダーの開通工事が終わる日までは、今契約している回線を利用できるようにしておくのが良いです。

利用開始日にプロバイダー設定を切り替える

新しいプロバイダーの利用開始日になったら、インターネットを利用できるようプロバイダー設定を切り替えましょう。基本的に難しい設定は必要なく、インターネットを利用する端末にプロバイダーIDとパスワードを入力するのみです。もし接続できない場合は、プロバイダー業者に連絡し状況を確認してもらいましょう。

プロバイダー価格以外で削れる料金

プロバイダー価格以外で削れる料金

これまで、プロバイダーの価格を抑えることに着目してきました。最後に、プロバイダー価格以外で削減できような費用を紹介します。

工事費用

インターネットを利用するには、基本的に回線工事を行う必要があります。工事費用はプロバイダーによってさまざまで、マンションか戸建かによっても変わってきます。しかし、光コラボのままプロバイダーのみ変更するなど、回線自体を変える必要がない場合は、工事が不要になり工事費用がかかりません。他にも、据え置き型ホームルーターやモバイルルーターでインターネット回線を利用するなど、工事をしなくて良いやり方があります。

接続機器レンタル料金

インターネットを利用するために、接続機器をレンタルしている場合があります。具体的には、ルーターやポケットWi-Fi、LANケーブルなどです。接続機器はインターネットを利用するために必要なものですが、無料でレンタルできるプロバイダーもあります。レンタル料金が加わることで、月額料金が高くなっている可能性もあるので、今一度見直してみましょう。

違約金

違約金は、プロバイダー解約時に発生する費用です。主に違約金が発生するケースは、「契約期間満了せず解約した場合」もしくは「契約更新月以外に解約した場合」です。違約金は5,000円程度の場合もあれば、1万円以上かかる場合もあります。期間満了後や契約更新月であれば、違約金はかからないので、解約するタイミングには注意しましょう。

BBIQの価格体系は?

プロバイダーの価格が高いと感じているなら、料金を見直した上で、不要なオプションを外したり、安いプロバイダーに乗換えたりして負担を抑えるようにしましょう。
BBIQの価格体系は、インターネット利用に必要な「回線料」と「プロバイダー料金」が一体となっています。そのため、回線業者とプロバイダー業者それぞれで契約する手間とコストを削減できます。また、利用を開始した月(開通月)は月額料金が無料なので、二重払いを心配せず安心してお乗換えいただけます。
戸建やマンションなど建物のタイプによって料金プランを調整できるので、ご自身に合ったプランをご提供します。

BBIQの価格体系については、こちらも併せてご覧ください。

光インターネット(光回線)のご利用料金

※ 表記の金額は全て税込です。
※ ご請求額は、税抜価格の合計に消費税相当額を加算し、1円未満を切り捨てます。そのため、個々の税込価格の合計とは異なる場合があります。

※ 表記の金額は全て税込です。
※ ご請求額は、税抜価格の合計に消費税相当額を加算し、1円未満を切り捨てます。
そのため、個々の税込価格の合計とは異なる場合があります。

page_top

-->