プロバイダーメールとは?

特徴や機能と迷惑メール対策について

更新日:2023-1-19

プロバイダーと契約すると利用できるプロバイダーメール。そのまま使わずにいる方も多いのではないでしょうか?
ここでは、そもそもプロバイダーメールとは何なのか。フリーメールとの違いやプロバイダーメールの特徴などをご紹介します。機能が充実して安心・安全に使えるプロバイダーメールをぜひ利用しましょう。

プロバイダーメールとは

プロバイダーメールとは

メールサービスには、大きく分けて「プロバイダーメール」と「フリーメール」があります。テキストや画像などのファイルを送受信できるという点では同じですが、この2つにはいくつかの違いが存在します。

プロバイダーメールとは、 インターネット接続サービスを提供しているプロバイダーが運営しているメールサービスのこと。

アドレスの変更・追加などの付加サービスが充実していること、メールをサーバーに残したまま自動転送できること、迷惑メール対策が充実していることなど、多くのメリットがあります。

プロバイダーはインターネット接続サービスを契約しているユーザーに、無料でメールサービスを提供しているのが一般的です。いつもインターネットを接続するときに使うプロバイダーが、あなたのメールの郵便屋さんだと思ってください。プロバイダーメールは、便利で安心して使うことのできるメールサービスというわけです。

プロバイダーとは?基礎知識や確認方法をわかりやすく解説

プロバイダーメールとフリーメールどちらを選ぶべきか

フリーメールとは、インターネット接続サービスが専門外である業者も含め、様々な業者が提供している、無料で利用できるメールサービスのことです。かんたんな登録ですぐにメールアドレスが使えるようになるのがメリットですが、送信メールに広告がついたり、受信するのが遅れたりするといった使い勝手の悪さが気になる人もいるでしょう。

大切なメールを預ける郵便屋さんが、得体の知れない会社の人だったり、仕事を怠けることがあったりしたら困ります。プロバイダーと契約している人であれば、無料で使えるメールアドレスをもらっているはずです。

プロバイダーによっては無料で複数のメールアドレスをくれるところもあるので、仕事や趣味などいくつかの目的で使い分けたいという場合も、フリーメールを使わずに済みます。安心してメールを楽しむためにも、プロバイダーメールを利用することが賢い選択と言えるでしょう。

プロバイダーメールの特徴

プロバイダーメールには以下のような特徴があります。

フリーメールより信頼されやすい

プロバイダーメールとフリーメールとでは、プロバイダーメールのほうが信頼されやすいという特徴があります。

例えば顧客や取引先のメールアドレスがフリーメールだった場合とプロバイダーメールだった場合、どちらがキチッとした印象を受けるかを想像してみるとわかりやすいかもしれません。
金融機関のような堅いイメージのある業界では、登録時にプロバイダーメールを求められることもあるようです。

動作が安定しており広告もつかない

プロバイダーメールは、フリーメールよりも遅延が少なく、また広告がつかないため読みやすいという特徴があります。

現在はチャットツールが普及しているため、会話のようにテンポよくやりとりしたい場合はチャット、そうでない場合はメールを利用するという使い分けもできるでしょう。

主な連絡手段がメールに限定されている場合に、役立つ特徴といえるかもしれません。

プロバイダーメールの便利な機能

「Webメール」という、IDとパスワードさえあればパソコンが変わってもメールを送受信できるというサービスは、フリーメールにしかないと思っている人もいるかもしれません。 実際はWebメールが使えるメールサービスを提供しているプロバイダーも多く、スマートフォンでの送受信設定もかんたんにできます。

さらに、届いたメールを別のメールアドレスに送るという転送サービスを提供しているプロバイダーもあります。これを利用すれば、メールを転送先のメールアドレスで確認して、さらに元のメールアドレスでも同じメールを確認できます。複数の端末で同じメールを確認できるので、大変便利です。

プロバイダーメールの迷惑メール対策

プロバイダーメールの迷惑メール対策

煩わしい迷惑メールに悩まされた経験がある方も多いと思いますが、この迷惑メールへの対策が充実しているのもプロバイダーメールの特長。

受信したくないメールアドレスからのメールを受信拒否するのはもちろんのこと、プロバイダーは日々迷惑メール業者のデータを蓄積し、メールサーバーを頑丈なものに増強したり、サーバーに対するセキュリティ対策を行ったりしているので、迷惑メールをブロックする精度が日々高まっています。メールにウイルスがついていないかチェックしてくれるオプションサービスもあり、安心して使用できます。

また、プロバイダーメールの場合はインターネット接続サービスと同様に、電話窓口などのサポート体制もしっかりしています。メールの操作に慣れていない方や、安心してメールを利用したい方には、特にプロバイダーメールがおすすめです。

プロバイダーメール利用時の注意点

プロバイダーメールの利用時には、以下の2点に注意しましょう。

メールアドレスの追加・変更に伴う費用

プロバイダーメールの複数利用やメールアドレスの変更は基本的に有料になることが多いです。

メールアドレスを複数持ちたい方は、事前に無料で利用できるアドレス数の確認をしましょう。また、数字の羅列や無意味な文字列がたくさん並ぶアドレスを作ることは控えましょう。
メールアドレスは送信先の相手が読んだり、場合によっては入力したりするものなので難解なものは避けたほうが無難です。

他社への乗換え時に使えなくなる可能性

プロバイダーを乗換えると、現在利用しているプロバイダーメールが使えなくなる可能性があります。プロバイダー側にプロバイダーメールのみの契約プランがあれば継続利用も可能ですが、月額料金が発生します。

乗換え先にもプロバイダーメールの提供があるにも関わらす、毎月数百円の費用がかかってしまうため、乗換え前に費用がかかっても問題ないか検討する必要があります。

プロバイダーメールをスマホで使うには?

プロバイダーメールは、パソコンだけでなくスマホからも確認できたほうがより便利になります。

設定方法は機種によって異なるため一概にはいえませんが、メールアプリの受信箱にプロバイダーメールのアドレスを新規追加するか、現在スマホで利用中のフリーメールに転送するなどの方法が挙げられます。

転送サービスの利用方法やルールはプロバイダーごとに異なるため、まずは転送が可能かを問い合わせしてみましょう。

プロバイダー選択時はメールサービスもチェック!

プロバイダーによって、メールサービスの基本機能やオプションはさまざまです。メールアドレスを1つしか提供してくれないプロバイダーもあれば、5つものメールアドレスを無料で提供してくれるところもあります。

インターネットの利用にメールは不可欠です。メールサービスの内容によって、プロバイダーを選ぶのも良いかもしれません。

まとめ

プロバイダーメールの特徴や便利な機能、注意点やスマホでプロバイダーメールを使う方法についてご説明しました。

迷惑メールを受信する危険性が少なく、フリーメールと比較して信用されやすい点が利用時の主なメリットです。

現在プロバイダーの乗換えを検討中の方は、プロバイダーメールの利用可能数やアドレス変更時の料金などもプロバイダー選びの参考材料にしてみてください。

※ 表記の金額は全て税込です。
※ ご請求額は、税抜価格の合計に消費税相当額を加算し、1円未満を切り捨てます。そのため、個々の税込価格の合計とは異なる場合があります。

※ 表記の金額は全て税込です。
※ ご請求額は、税抜価格の合計に消費税相当額を加算し、1円未満を切り捨てます。
そのため、個々の税込価格の合計とは異なる場合があります。

page_top