インターネットの回線速度とは?光回線はなぜ速いの?

ネットショッピングやニュースを閲覧するときなど、なかなか次の画面が表示されなくてイライラしたり、動画の画面が急に止まってしまいスムーズに見られなかった、という経験はありませんか?実はその問題、インターネットの速度を上げることで改善する場合がほとんどなのです。
では、インターネットの速度とはなんでしょうか?ここでは、その「速度」について説明していきます。

インターネット回線の速度とはどういうこと?

インターネット回線の速度とはどういうこと?

インターネット回線を高速道路と考えてみましょう。例えば、荷物を積んだトラックが10台あるとします。運搬の際に片側1車線しかない高速道路を走った場合と、片側10車線ずつある高速道路を走った場合、どちらが速い時間で多くの荷物を運べるでしょうか?
もちろん10車線の方が同時に多くの荷物を運べますよね。インターネットの速度もこれと同じ原理です。

トラックの荷物=(インターネット上の)データと考えてください。1秒間により多くの荷物(データ)を運べるようになることが速度が速くなるということです。

速度が速いことのメリット

では、速度が速いとどんな利点があるのでしょうか。みなさんはインターネットをどのように使用していますか?ニュースを見る、買い物をする、動画を見る、などいろいろな使用目的があるかと思います。例えば動画の場合は、目には見えない速さで1秒間に何枚もの画像が送られています。
しかし、速度が遅くなるとそのページ転換が遅くなり、画面がカクカクと止まって見えたり、ひどい時には切れてしまう場合もあります。
これは速度が遅いために起こってしまう事象です。
そのような事象を起こさない為に速度を上げることはとても重要なのです。

よく耳にする速度の「上り」「下り」とは

よく耳にする速度の「上り」「下り」とは

インターネットの速度を表す時に使用する「上り」「下り」という言葉。これは、自分のPCからデータが「出ていく」または、PCにデータが「入ってくる」という事を表しています。普通に手紙のやり取りをするときも一緒ですよね。手紙を書いたらポストに投函します。それが「送信」=「上り」です。自宅のポストに手紙が届く、これが「受信」=「下り」です。また、送信はアップロード、受信はダウンロードとも言います。
これまでのインターネットの用途は、メールの使用やHPの閲覧など、受信メインでの使用が多かったため、下りの速度を重視する傾向がありましたが、ブログやフェイスブックなど写真を投稿するSNSの使用頻度が高まっている昨今では、上りの速度=データを自分のPCから送り出す速さも重要になってきています。
BBIQギガコースなら、この上りも最大1ギガなので、受け取りも送り出しもどちらもスムーズに行うことができます。

・アップロード:データを送る事。
・ダウンロード:データを受け取る事。

ギガ?メガ?速度を示す単位「bps」とは

ギガ?メガ?速度を示す単位「bps」とは

インターネット回線の通信速度を示す単位として使われるのが「bps」です。「ギガ」や「メガ」はインターネットの回線速度を表す単位で、1ギガ=1000メガなので、1ギガと100メガでは1ギガの方が10倍速いことになります。

回線速度の目安は?速度の違いによるインターネットの利用方法

では、1ギガと100メガではどんなことが楽しめるのでしょうか。速度の違いによるインターネットの楽しみ方をご紹介します。
インターネットの利用方法の目安として、参考にしてください。

速度の違いによるインターネットの利用方法

戸建住宅タイプと集合住宅(マンション等)タイプの速度は違う?

戸建住宅タイプでは、建物の外まで来た回線をそのまま建物内に直接引き込み、1本の回線を契約者が独占して使用します。一方で、集合住宅タイプは1本の回線で集合住宅へ引き込むため、他の利用者と回線を共有します。そのため同じ建物内の、他の利用者の使用状況の影響を受けることがあります。戸建住宅タイプは、集合住宅タイプと比べると比較的速度が落ちにくく、安定しているというのが特徴です。

戸建住宅と集合住宅の速度の違いについては、こちらも併せてご覧ください。

戸建住宅と集合住宅(マンション等)の速度の違い

光回線は何が違うの?ADSLとの違いは?

光回線は一度にたくさんのデータを送信できる

光回線は文字通り、光ファイバーを用いて光信号を伝達する回線です。
ADSLでは、動画や音声などのインターネットのデータを電気信号でやり取りします。それに対し光回線では、通信事業者側で電気信号を光信号に変えた後、光ファイバーケーブルを通して利用者側に光信号が伝えられ、利用者側の回線終端装置(ONU)で再度光が電気信号に変換されることにり、利用者の手元にデータが届くという仕組みを持っています。

実は、光回線は電気通信に比べ、通信速度自体はあまり変わりません。しかし、電気信号よりも一度にたくさんのデータを送ることができるため、「通信速度が速い」と感じるのです。

光回線は通信が安定している

ADSLなど電気信号を用いる通信の場合は、ノイズによるエラーが発生するために通信速度が遅くなることがあります。また、伝達距離が短いために、一定の間隔で信号を調整するための機器の設置も必要です。
対して光回線では、ノイズに影響されずに、調整機器なしでも遠くまで伝達できます。そのため、速い速度で安定した通信ができるのです。

光回線の通信速度、どこに注目する?

高速かつ安定した通信を行える光回線。では、更にその中でも特に速度の速い光回線を選ぶためには、公式で発表されている速度が一番速いものを選べばよいのでしょうか?

一般に通信事業各社は「最大の通信速度」で各プランを設定しています。しかし、速度の値はあくまで「ベストエフォート型」です。ベストエフォート型とは、「最大限努力をするものの、環境によっては速度やサービスの質を業者側で保証できないこともある」という意味です。

回線の契約や乗換えの際はこうした事情を頭に入れ、実際に利用しているユーザーの満足度はどうか、自身の利用環境・利用方法に合っているかを見極めていきましょう。

BBIQはお客さま満足度No.1

光回線が遅い、重い!そんなときは?

高速通信が可能な光回線。ですが中には、光回線なのに速度が遅くてインターネットが快適に使えないとお困りの方もいらっしゃるのではないでしょうか。 光回線が遅くなる原因は複数考えられます。どの状況に当てはまるか確かめて原因を特定することで、解決先が見いだせるかもしれません。 ここでは代表的な要因を一つずつ紹介していきます。

回線が混雑している

回線が混雑する時間帯にインターネットを利用すると、通信速度が遅くなることがあります。
総務省が発表している平成30年版情報通信白書の「主なメディアの利用時間帯」 によると、インターネットの利用時間に関しては次のような傾向があります。

  • 平日は朝や正午、夜は21時~23時が特に利用者が多い
  • 休日は全体的に利用時間が増え、特に朝と、夜は21時~22時が多い

利用率の高い時間帯と利用率の低い時間帯に速度を確認し、両者に差が生まれる場合にはこれが原因で速度が遅くなっているといえます。通勤・通学時間や昼休み、在宅が多い時間などで混雑する傾向があります。そのため、こうした時間帯はインターネットが重く感じることがあります。特に集合住宅の場合、同じ回線を利用者全体で使うこともあり、周りの住人の利用状況もインターネット速度へ影響を与えます。

パソコン、スマホのスペックの問題

CPUの処理速度、メモリー、ハードディスクのアクセススピードなど、パソコン、スマホの性能によっても体感的に通信速度が変わることがあります。通信速度の問題がネットワークに起因しない場合、使用している機器が原因と見て、メモリーの増設やパソコン・スマホの買い替えといった見直しを行うことも、通信速度改善へのひとつの手段です。

また、常駐ソフトや使っていないプログラムが速度を落としていることもあります。セキュリティソフトなど、常に動作させておく必要があるもの以外は終了させておきましょう。

他には、OSが古い場合、最新OSと比較して通信速度が遅くなる場合があります。メーカーのサポートが終了したOSの場合は速度だけでなく、セキュリティ上の問題にも対応できないので、最新OSを利用するのがベターです。

ルーターなどの接続機器の問題

ルーターやLANケーブルなど、ネットワークに関する機器の規格が古いと通信速度が上がらない可能性があります。

LANケーブルには規格があり、使用しているケーブルが光回線の速度に対応していないと、どれだけ通信速度が速くてもその性能を発揮できないことがあります。Cat5(カテゴリー5)の通信速度は100Mbpsであり、これを上回る回線速度の回線契約をしていても十分な通信速度は保証できません。Cat5e以上の規格を使うことで、1Gbpsまで対応することができます。使用しているケーブルの規格は何か、光回線の速度に対応しているかどうかを確かめてみましょう。LANによってはケーブル上に規格が印字されているため、かんたんに確認することができます。

また、ルーターにもタイプがあり、対応する通信速度も異なるため、注意が必要です。ルーターが古かったり壊れていたり、接触不良を起こしている場合も速度が遅くなることがあります。新しくルーターを選ぶ際は、インターネットを利用する環境(一部屋だけなのか、一階と二階で使いたいのか、など)を確認し、希望に合うものを選ぶようにしましょう。

回線の最大速度が遅い(契約プランの問題)

プロバイダーによっては通信速度ごとにプランを用意しているところもあり、インターネットの使い方に応じてプランが切り替えられるメリットがあります。もしも通信速度が遅いと感じたら、より上位のプランへの変更を検討してみるのもいいかもしれません。

BBIQ光インターネット ギガコースの詳細

プロバイダーの問題

ここまでご紹介してきたネットワーク環境や端末、契約プランの見直しを行ってもまだ効果が見られない場合、最終手段として他のプロバイダーに乗換える方法もあります。

通信速度を優先するなら、通信設備への補強・投資を行っているプロバイダーや、企業でも使われているプロバイダーを探してみましょう。
その際、利用しているユーザーの評判やアフターサポートの手厚さなども併せてチェックすることをおすすめします。

BBIQの光インターネットだからできること(料金体系・回線・サポート)

光回線にも通信制限・速度制限はある?

光回線でも、上限を設けて通信制限を実施しているプロバイダーはあります。とはいえ、上限の通信量はプロバイダーによってさまざまで、すべての通信業者が設定しているわけではありません。ほとんどの場合は、明らかに一般的な使い方を超えた場合に通信制限が適用されるケースです。

BBIQ光インターネットをご利用の方へ

まとめ

今回は、インターネット回線について、また、速度が遅くなったときに考えられる理由をご紹介しました。
「まだインターネットで何を利用するか分からない」、「インターネットでいろいろなことを楽しみたい!」という方が光回線を導入する場合は、最大通信速度が1ギガ程度のプランを契約しておくと不便なくインターネットが使えるかと思います。
BBIQなら、ネットの閲覧や動画再生などをお楽しみいただける100メガコースはもちろん、高画質な動画や映画をストレスなく楽しめる速度の速い1ギガコースもご用意しております。速度が速ければ用途に左右されずに快適にインターネットが利用できるようになります。
もちろん、契約途中で「やっぱり速度が速いほうがいい」ということでコースを変更することも可能ですが、その際は契約事務手数料(800円)と、回線接続に関わる工事費(2,000円)が必要となります。そのため、もしもご利用予定がある場合は、最初から1ギガコースをお申込みいただいたほうがおトクになります。
どのような用途でインターネットを利用したいかを考え、より自分に合ったコースを選ぶことをおすすめします。

BBIQ光インターネット(光回線)についてはこちら

おすすめプラン

夏割キャンペーン

※ 表記の金額は全て税抜です。別途消費税がかかります。

※ 表記の金額は全て税抜です。別途消費税がかかります。

page_top