戸建住宅と集合住宅(マンション等)の速度の違い

プロバイダーの速度

住居による光回線の方式の違い

住居による光回線の方式の違い

インターネットの利用料金は一般的に、戸建住宅とマンションなどの集合住宅とで異なるということをご存じでしょうか。これは、戸建住宅と集合住宅では光回線の方式が異なるためです。

それでは、この2つに速度の違いはあるのでしょうか? それぞれの仕組みと気になる速度の違い、料金の違いについてご説明しましょう。

戸建住宅タイプの場合

戸建住宅タイプの場合は建物の外まで来た回線を、そのまま建物内に直接引き込むため、1本の回線を契約者が独占して使用することができます。 集合住宅タイプと比べると比較的速度が落ちにくく、安定しているというのが特徴です。

集合住宅(マンション等)タイプの場合

集合住宅タイプの場合は、1本の回線で集合住宅への引き込みまでを他の利用者と共有することになります。そのため同じ建物内の、他の利用者の使用状況の影響を受けることがあります。例えば同じ建物内で多くの利用者が同時にインターネットにアクセスすることで回線が混雑することもあり、戸建住宅タイプと比べると比較的不安定な場合もあります。

集合住宅(マンション等)で遅い時は?

マンションなどの集合住宅でインターネットの速度が遅いと感じる場合、次のような原因が考えられます。

マンションが契約している回線・プロバイダーの問題

パソコンをインターネットに接続するには、回線事業者とプロバイダーの両方との契約が必要です。回線は「パソコンとインターネットを繋ぐための通り道」、プロバイダーは「回線を利用してパソコンを実際にインターネットへ接続するためのもの」であり、これらはどちらも通信速度に影響します。 そのため、マンションが契約している回線やプロバイダーによっては、速度が遅くなる可能性があります。

マンションの配線の問題

マンションで利用される配線は、「光ハイブリッド」と「光ファイバー」の2つの方式に分けられます。マンションまで届いている光回線を電話線やテレビの同軸ケーブルを利用して各戸へ届ける「光ハイブリッド」の方式に比べ、「光ファイバー」の方式なら部屋の中まで光ファイバーがきているので、速度が安定しています。

車線の多い大きな高速道路がマンションまで繋がっていると考えてみて下さい。マンションの共用部に料金所があり、そこから先の各部屋までの道が一般道になっているのが「光ハイブリッド」。料金所から先も高速道路になっているのが「光ファイバー」です。
一概に断定はできませんが、「一般道のほうが速度は落ちることが多い」というのが想像できるのではないでしょうか。

「光ハイブリッド」は既存の電話線などを使うことができ、初期工事の手間と費用を省けることが利点です。しかし光ハイブリッドを採用しているマンションの場合は、速度が遅くなる可能性があります。
安定性を重視するのであれば、「光ファイバー」方式のサービスを提供しているプロバイダーを選ぶのが良いかもしれません。

BBIQは「光ファイバー」方式(FTTH方式)を採用しております。そのため、マンションの部屋まで光回線を引き込みます。電話線を挟まないので、マンションでも安定した通信をご利用いただけます。

マンションの住民・利用者の問題

マンションなどの集合住宅では、1つの光回線をマンションの住人で共用する形になります。そのため、インターネットの利用頻度が高い住人や負荷の高い使い方をする住人が多ければ、その分速度低下も考えられます。夜だけ、休日だけなど特定の時間帯に速度が遅くなる場合は、この問題が考えられます。

パソコンの問題

速度が遅いと感じる要因には、パソコン自体の性能や現在のパソコンの状態も関係してきます。 パソコンの起動ドライブに十分な空きはあるでしょうか?スタートアップや常駐させているアプリに余計なものが登録されていないでしょうか?視覚効果(アニメーション)を有効にしていたり、動作が重いアプリを使っていたりすると、速度低下に繋がることがあります。

ケーブル、ルーターの問題

LANケーブルには「カテゴリ」と呼ばれる規格があり、カテゴリの数値が大きいものほど通信速度が上がります。
また、ルーターもより大きな規格に対応しているものに変更すれば、通信速度が上がる可能性があります。
規格が上がると値段も上がりますが、古いLANケーブルやルーターを使用している場合は見直してみるといいかもしれません。

集合住宅(マンション等)のインターネット「対応」と「完備」の違い

マンションの「インターネット対応」と「インターネット完備」、どちらも似たように思えるかもしれませんが、実はこの両者には違いがあります。

「インターネット対応」は、共用スペースまでは回線工事が済んでいる状態のこと。
自分の部屋まで回線を引く工事やプロバイダーとの契約は、入居者自身で行う必要があります。

一方、「インターネット完備」は、各部屋への回線工事もプロバイダー契約も済んでおり、入居後すぐインターネットに接続できる状態を指します。
「インターネット完備」の場合、料金の支払い方法は家賃に料金が上乗せされている、もしくは無料などマンションによって変わります。どのプロバイダーを使用しているのか、また料金がどうなっているのか気になる方は、一度管理会社へ確認してみることをおすすめします。

各タイプの料金の違い

集合住宅タイプは、そのマンションやアパートの規模によって料金に幅があるのが一般的です。これは建物内に引き込んだ回線を、同一建物内の加入者で共有するためです。

そのためマンションやアパートの戸数が多く、加入戸数が多ければ多いほど月額料金が安い傾向があります。場合によっては戸建住宅タイプに比べて集合住宅タイプのほうが料金は安くなることもあるかもしれません。逆に、集合住宅でも加入戸数が1戸だけなど少ない場合は、プロバイダーによっては戸建タイプよりも料金が高いことも。

お住まいの集合住宅での利用料金は、プロバイダーで確認することができます。電話だけでかんたんに調べることができますので、契約を検討しているプロバイダーに問合せをしてみてください。

BBIQでの料金シミュレーション&エリア確認についてはこちら

※ 表記の金額は全て税込です。
※ ご請求額は、税抜価格の合計に消費税相当額を加算し、1円未満を切り捨てます。そのため、個々の税込価格の合計とは異なる場合があります。

※ 表記の金額は全て税込です。
※ ご請求額は、税抜価格の合計に消費税相当額を加算し、1円未満を切り捨てます。そのため、個々の税込価格の合計とは異なる場合があります。

page_top