プロバイダー解約時の準備と手続き

プロバイダーの解約

解約の前の準備

解約の前の準備

現在利用しているプロバイダーを解約することに決めたという方は、解約するための準備と、いくつかの手続きが必要です。解約に必要な手数料が発生する場合は金額を確認し、レンタル機器がある場合は返却に必要なパーツが揃っているかどうか確認しておきましょう。

また、今まで利用していたプロバイダーから提供されていたメールアドレスや、電話などのオプションサービスを利用していた場合は、それらも同時に使えなくなることを念頭に置いて準備をしておかなければなりません。

例えばそのプロバイダーのメールアドレスで登録していた通信販売のサービスがあった場合は、解約して使えなくなる前に登録変更の手続きを確認しておいたり、新しいメールアドレスが既にある場合は解約前に変更の手続きをしておいたほうがよいでしょう。解約後、設定していたメールアドレスを変更しようとしても、登録変更の手続きの確認メールがそのメールアドレスに届く仕組みになっていて困るというケースがあるので確認しておきましょう。

使えなくなる期間を作らない!

メールアドレスの移行をスムーズに済ますという意味でも、解約の手続きに入る前に次に利用するプロバイダーを決めておくことが重要です。

「解約してからすぐに申込もう」と考えている方もいるかもしれません。しかし良いプランのあるプロバイダーがなかなか見つからない、見つかったとしても実際に申込みをして開通するまでは工事の日程調整で思ったよりも時間がかかってしまうものです。

そうすると何日もインターネットを使えない期間ができてしまい、そもそも新しいプロバイダーをインターネット検索で探すことができない、光電話を使っていたのなら電話が長い期間使えないといった不便が生じる可能性もあります。

現在利用中のプロバイダーを解約してインターネットが使えなくなる日がいつになるのか、プロバイダーに確認しておきましょう。長期で二重に契約する必要はありませんが、不安な方は少しだけ契約期間が重なるように余裕を持って、新しいプロバイダーとの契約をしておくのもよいかもしれません。

具体的な解約の手続き

解約前の準備と、次に契約するプロバイダーが用意できたら、実際に解約の手続きをしましょう。

多くのプロバイダーは、カスタマーサポートに電話をかけることで解約の手続きを進めることができます。
本人確認が必要になりますので、解約手続きは契約者本人か、その家族しかできないことがほとんどです。忙しいから友人に解約手続きを頼んだとしても、プロバイダー側ではそれが本当に本人の意向なのか、成りすまして他人が解約しようとしているのか確認することができません。必ず契約者本人かご家族の方が契約者の意思を確認した上で、電話をかけるようにしましょう。

解約を進める上で、撤去工事とその費用が必要な場合もあります。また利用していたプロバイダーのプランには最低利用期間が設定されているのが一般的ですので、その期間内に解約してしまうと違約金が発生します。

現在ご利用中のプロバイダーの、利用規約をよく確認しておきましょう。

※ 表記の金額は全て税込です。
※ ご請求額は、税抜価格の合計に消費税相当額を加算し、1円未満を切り捨てます。そのため、個々の税込価格の合計とは異なる場合があります。

※ 表記の金額は全て税込です。
※ ご請求額は、税抜価格の合計に消費税相当額を加算し、1円未満を切り捨てます。そのため、個々の税込価格の合計とは異なる場合があります。

page_top