プロバイダー解約、それとも継続?

プロバイダーの解約

継続できるかどうかを事前に確認

継続できるかどうかを事前に確認

引越しの際に気になるのが、インターネットの契約のこと。引越し先の場所によっては現在契約しているプロバイダーをそのまま使える場合もあるので、契約を継続するべきか、引越しを機に新しいプロバイダーに変えるべきか悩むところですね。

まずは引越し先の場所で今と同じプロバイダーが使えるかどうかを、引越しをする前に調べておきましょう。手続きや工事の期間も考えると日程に余裕が必要なので、引越し先が決まったらすぐに調べておいたほうが無難です。

契約をそのまま継続する場合

引越し先でも同じプロバイダーを使うメリットは多々あります。メールアドレスを今のまま使うことができるので、登録している通販サイトなどの変更手続きが必要ありませんし、変更した旨をお友達などに知らせる手間も不要です。

また、プロバイダーが提供している光電話サービスを利用している方は、引越し先の場所によっては同じ番号をそのまま使える場合もあるので便利です。自宅の番号を誰が知っているか、どんなサービスに番号登録をしているかを完全に把握しているという方は少ないでしょうから、なるべく番号は変えたくないものですね。サービスエリアを調べると同時に、電話番号を引き継ぎ可能かどうか問合せておきましょう。

さらにプロバイダーによっては、引越しをしてからも引き続き契約する場合に特典があり、引越し時の標準工事費が無料になったり、パソコンの初期設定を無料でしてくれたりするサービスもあります。 引越し先でインターネットが開通するまでの間、モバイルルーターを無料でレンタルできるところもあるので、事前によく調べておきましょう。

解約して別のプロバイダーを探す場合

約する場合は現在利用中のプロバイダーの解約手続きと、新規に契約するプロバイダーの入会手続きが必要です。また、引越し元の撤去工事と引越し先の新設工事のスケジュールをそれぞれ別々のプロバイダーとやりとりしなければならず、手続きが煩雑です。引越しの前後は何かと予定がいっぱいになるものですから、スケジュール調整がうまくいかないと引越し後に、わざわざ撤去工事の立ち会いのためだけに引越し元に戻らなければならないといったケースもあります。

デメリットをふまえて最適な方法を選びましょう

引越し先でも同じプロバイダーを使えるなら、継続利用するほうが利便性は高いと言えます。 ただし引越し先の環境や様々な条件により、特典を利用しても工事の追加費用が発生することもあります。事前に公式サイトや電話窓口などに問合せをして確認しておくと良いでしょう。

※ 表記の金額は全て税込です。
※ ご請求額は、税抜価格の合計に消費税相当額を加算し、1円未満を切り捨てます。そのため、個々の税込価格の合計とは異なる場合があります。

※ 表記の金額は全て税込です。
※ ご請求額は、税抜価格の合計に消費税相当額を加算し、1円未満を切り捨てます。そのため、個々の税込価格の合計とは異なる場合があります。

page_top