固定IPアドレスとは

固定IPアドレスの利用

固定IPアドレス(静的IPアドレス)とは

固定IPアドレスとは

固定IPアドレスとは、IPアドレスの種類のひとつ。静的IPアドレスとも言います。
この固定IPアドレスを詳しく理解するためには、そもそも「IPアドレス」とは何なのかを理解する必要があります。

グローバルIPアドレスを理解しよう

IPアドレスには、自宅内などのネットワーク機器が独自に持つ番号である「ローカルIPアドレス」と、インターネット上で必要になる「グローバルIPアドレス」があります。ここでは、後者のグローバルIPアドレスについて詳しくご説明しましょう。

グローバルIPアドレス(以下、IPアドレス)は、インターネットプロバイダーとの契約が大きく関係しています。

インターネットにアクセスしてWEBページを閲覧したり、メールを送受信したりする際には、契約したプロバイダーから割り振られるIPアドレスという番号が必要です。「255.◯◯◯.▲▲▲.×××」などのような12桁の数字、あるいは一部プロバイダーによっては英数字32字で構成されています。

これはインターネット上の住所のようなものです。これがなければインターネット上からWEBページのデータを受信したり、メールを受け取ったりすることができません。住所がなければ、データという郵便物を受け取ることができないからです。

通常は変動IPアドレスが割り振られる

上記のIPアドレスには、「変動(動的)IPアドレス」と、「固定(静的)IPアドレス」の2種類があります。変動IPアドレスはその名の通り、インターネットに接続するたびに、番号が変わるIPアドレスのことです。プロバイダーとの一般的な契約の場合、この変動IPアドレスが割り振られます。

それではなぜ、インターネットに接続するたびに番号が変わってしまうのでしょうか。

インターネットは常時、膨大な数の人々が利用しています。その一人一人に番号を割り振ると、番号がいくらあっても足りなくなってしまうのです。ですから同時にインターネットにつながっている機器の中だけで、住所がかぶらないように、限りある土地を分けあっているということです。接続するたびに引越しをすると考えれば分かりやすいかもしれません。

固定IPアドレスの特徴

この変動IPアドレスに対して、インターネットに接続しても切断しても変わらない番号が、固定IPアドレスです。固定IPアドレスがもらえるということは、自分だけの住所がもらえて、接続のたびに引越しをする必要がないというわけです。
固定IPアドレスがないとできないことも、たくさんあります。自宅のパソコンに外出先からアクセスしたり、WEBカメラを使ったりすることに興味があるという方は、固定IPアドレスの使い方を調べてみましょう。

※ 表記の金額は全て税込です。
※ ご請求額は、税抜価格の合計に消費税相当額を加算し、1円未満を切り捨てます。そのため、個々の税込価格の合計とは異なる場合があります。

※ 表記の金額は全て税込です。
※ ご請求額は、税抜価格の合計に消費税相当額を加算し、1円未満を切り捨てます。そのため、個々の税込価格の合計とは異なる場合があります。

page_top