固定IPアドレスのメリット

固定IPアドレスの利用

なぜ固定IPアドレスが必要なのか

固定IPアドレスのメリット

プロバイダーとの基本のインターネット契約でもらえる「変動IPアドレス」があれば、WEBページを見たり、メールを送受信したりと、インターネットを一通り楽しむことができます。

この「変動IPアドレス」と異なり、「固定IPアドレス」は有料オプションであることがほとんどです。なぜ、固定IPアドレスが必要なのでしょうか。

インターネットのWEBページを閲覧する仕組み

固定IPアドレスを詳しくご説明する前に、インターネットで私たちがWEBページを閲覧する仕組みを理解しておきましょう。

インターネットのWEBページを閲覧するということは、インターネットで繋がったどこかの「サーバー」という機器にある、WEBページのデータを見ているということです。

インターネットという道路沿いに、たくさんの家が立っていることを想像して下さい。その家が立っている土地の1つ1つが「サーバー」です。私たちはプロバイダーの用意した車に乗って様々な家を訪問し、そこにあるWEBページのデータを見ているのです。

これらのサーバーにはそれぞれ、住所の番号である固定IPアドレスが割り振られています。変動IPアドレスのように接続のたびに番号が変わってしまう住所では、私たちのような訪問者が目的の家にたどり着くことができません。サーバーは、必ず固定IPアドレスを持つ必要があるのです。

固定IPアドレスがあれば自宅でサーバーを構築できる

逆に言えば、固定IPアドレスさえあれば、自宅のパソコンをサーバーとしてパソコン内のデータをインターネット上に公開することができます。使用しているパソコンがMacでもWindowsでも構いません。

ファイルの種類や容量を問わず、自由に自分のパソコン内にあるデータを、世界中の人に手軽に発信できるというのが、固定IPアドレスの大きなメリットです。

自宅のパソコンをリモート操作できる

他にも、自宅のパソコンを外出中にリモート操作できるというメリットもあります。仕事ですぐに自宅のパソコン内のデータを送らなければならなくなったけれど、外出中でしばらくパソコンを触ることができず、困ったという経験のある方もいらっしゃることでしょう。

固定IPアドレスがあれば、常時自宅のパソコンがインターネットで繋がっている状態になります。外出先からでもインターネットを利用して、自宅のパソコンにいつでもアクセスすることができるのです。

固定IPアドレスは、変動IPアドレスと同じく契約しているインターネットプロバイダーからもらえます。通常はオプション契約になるので月額料金以外に料金が発生します。また、提供していないプロバイダーもありますので、契約しているプロバイダーを調べておきましょう。

※ 表記の金額は全て税込です。
※ ご請求額は、税抜価格の合計に消費税相当額を加算し、1円未満を切り捨てます。そのため、個々の税込価格の合計とは異なる場合があります。

※ 表記の金額は全て税込です。
※ ご請求額は、税抜価格の合計に消費税相当額を加算し、1円未満を切り捨てます。そのため、個々の税込価格の合計とは異なる場合があります。

page_top