プロバイダー契約期間の確認

プロバイダーの契約

プロバイダーのプランには、契約期間がある

「プロパイダーのプランには、契約期間がある」のイメージ

多くのプロバイダーのインターネット利用プランには、契約期間が設定されています。 プランを選ぶ際には必要な初期費用や月額料金とともにこの契約期間を確認し、今後のインターネットの利用予定とよく照らしあわせて考えておきましょう。

プロバイダーの契約期間とは

プロバイダーの契約期間とは、プロバイダーとの契約によってユーザーがインターネットを利用できる期間のことです。

これらのプランには年単位での最低契約期間が条件になっていることもあり、この期間内に解約をしてしまうと途中解約料金が発生することもあります。契約する前に、その期間や費用などといった条件をよく確認しておくようにしましょう。

インターネットは長期プランの契約がおトク

今後何年も引っ越しをする予定がないと分かっている方は、最初から長期の契約のプランを選んだほうが、費用がおトクな場合があります。

長く使ってくれるユーザーは、プロバイダーにとっては当然有難いおトク意さま。そんなおトク意さまには、特別におトクなサービスをしてくれるプロバイダーもあるという訳です。 一般的には2年間の契約が条件になっているプランを提供しているプロバイダーが多く見られますが、中には5年程の長い契約が条件のプランがあるプロバイダーもあります。こうした長期プランは長い契約が必要である代わりに、月額料金が格安に設定されていることがあるのです。

逆に、短い期間で色んなプランを細切れに契約したり解約したりすることを繰り返すと、その都度手続きに関する工事費用が必要になってしまう場合もあります。 インターネットを長い期間使うことがあらかじめ分かっているのであれば、最初から長い契約のプランを選んでおくのが賢い選択と言えます。

再契約の手間や費用は不要

長い契約期間のプランを選んだ場合、使っているうちに一体いつまでの契約だったのか、契約満了日を忘れてしまいそうだと心配になる方もいらっしゃることでしょう。 しかし、たいていのプロバイダーでは契約満了日が過ぎても契約が自動更新になりますので、再契約の手続きは不要です。再契約の費用もかかりませんし、契約が切れてある日突然インターネットが使えなくなるということもありませんので、安心して利用し続けることができます。

※ 表記の金額は全て税込です。
※ ご請求額は、税抜価格の合計に消費税相当額を加算し、1円未満を切り捨てます。そのため、個々の税込価格の合計とは異なる場合があります。

※ 表記の金額は全て税込です。
※ ご請求額は、税抜価格の合計に消費税相当額を加算し、1円未満を切り捨てます。そのため、個々の税込価格の合計とは異なる場合があります。

page_top