インターネットにはプロバイダー契約が必要

プロバイダーの契約

プロバイダーと回線事業者との契約が必要

インターネットにはプロバイダー契約が必要

インターネットを利用するためにはパソコンや周辺機器などを用意する他に、インターネットプロバイダーや回線事業者との契約が必要です。 インターネットを大きな幹線道路にたとえて考えると、幹線道路と私たちの自宅を繋ぐ道を用意してくれるのが回線事業者。その道を行き来する車を用意してくれるのがプロバイダーです。

プロバイダーという車、回線という道路、その両方が揃っていなければインターネットにたどり着くことはできません。つまり、私たちがインターネットを利用するためには、プロバイダーと回線事業者両方との契約が必要不可欠なのです。

プロバイダーの役割

プロバイダーは、利用者と回線業者をつなぐ役割を持っています。プロバイダーがインターネットに接続するために必要なIPアドレスを発行し、利用者は発行されたIPアドレスからインターネットに接続します。

プロバイダーはIPアドレスの発行以外にも、メールアドレスの発行やルーターの貸し出しなど、利用者のサポートを行っている場合もあります。

プロバイダーの「役割」については、こちらも併せてご覧ください。

プロバイダーとは?基礎知識や確認方法をわかりやすく解説

自社で回線を保有しているプロバイダーなら便利!

一般的にはこの回線事業者とプロバイダーは別業者であることが多いのですが、中には自社で通信回線を保有・運用しているプロバイダーもあります。先ほどの例えで考えると、インターネットへと送り迎えをしてくれる車と道路を同じ業者が用意してくれるというわけです。この場合はプロバイダーとの契約ひとつで通信回線の契約も済ますことができます。

インターネットの利用に不慣れな初心者の方には、通信回線を保有しており、契約が一括で済むプロバイダーがおすすめです。プロバイダーと通信回線を別々に契約している場合は、例えばインターネットが繋がらなくなるなど何か困ったことがあったときに、どちらのサポート先に連絡をすれば分からないという事態にもなります。

また、料金の支払いについても、別々に契約している場合はインターネットの利用に必要な費用の総額が把握しづらく、引き落としなど支払い日もまちまちなので、支払いの管理が煩雑なのが難点です。2つの業者が同じであればサポート窓口が1つなのでトラブル時にも安心ですし、支払いも一括で済んで利便性が高いので、インターネット初心者の方には特におすすめです。

BBIQは、回線も扱う回線一体型のプロバイダーです。BBIQであれば、支払いや問合せも1つにまとめることができ、面倒な手間も省けます。料金プランは、建物の種類や状況によって異なりますので、プラン内容をご確認いただき、ご自分にあった料金プランをお選びください。

光回線の付加サービスに注目

光回線を契約することでインターネットを楽しめるのはもちろんのこと、様々な付加サービスを利用できる場合もあります。

例えば光回線を利用した光電話サービスを利用できたり、光回線のテレビ放送サービスを楽しむことができたりするプロバイダーもあります。

こうした付加サービスはプロバイダーによって内容が大きく異なります。内容を確認するとともに、費用や利用可能な環境などを契約時にしっかりと確認しておきましょう。

※ 表記の金額は全て税込です。
※ ご請求額は、税抜価格の合計に消費税相当額を加算し、1円未満を切り捨てます。そのため、個々の税込価格の合計とは異なる場合があります。

※ 表記の金額は全て税込です。
※ ご請求額は、税抜価格の合計に消費税相当額を加算し、1円未満を切り捨てます。
そのため、個々の税込価格の合計とは異なる場合があります。

page_top