引越し時のプロバイダー契約のポイント

プロバイダーの契約

引越したらプロバイダーは変えなきゃいけないの?

引越し時のプロバイダー契約のポイント

今住んでいる場所から引越しすることが決まった場合、気になるのがインターネットのこと。
引越しをすると、今までのプロバイダーが使えなくなると思っている人もいるのではないでしょうか。
しかし、引越し先でも同じプロバイダーが使えることがあるのです。

プロバイダーを変えずに済むのであれば、同じメールアドレスを引き継ぐことができますし、引越し先での工事費が無料で済むなど料金的に負担がかからない場合も。引越しは何かとお金がかかるものですから、可能な限り出費は抑えたいですよね。この場合には移転手続きが必要となります。移転手続きではプロバイダー業者に対して、移転の連絡をします。連絡内容としては、移転先は戸建住宅なのか集合住宅なのかといった住宅タイプや移転する前の最終利用日や移転先での開通工事日を決めることになります。あらかじめこれらの情報を準備しておくと、スムーズにコミュニケーションをとることができます。

またプロバイダーの電話サービスを利用している方は、同じ電話番号を引き継ぐことができるケースもあります。プロバイダーに事前に問い合わせて、確認しておくと良いでしょう。

引越しの際に必要な手続き

引越し先で同じプロバイダーが使えないと判明した場合は、今まで使っていたプロバイダーへの解約手続きと、新しいプロバイダーへの契約手続きが必要です。

特に解約手続きは忙しくて忘れがちですので、気をつけたいところです。プロバイダーと通信回線を個別に契約していた場合は、両方の業者で解約手続きが必要です。回線だけ解約して、プロバイダーの解約を忘れていたというのはよくあるミスです。プロバイダー料金だけだと安価であることも多いので、使っていないのにずっと口座引き落としが続いていても気づかないことがあるのです。

また引越し先がマンションなどの集合住宅の場合、既に建物全体でインターネット環境が整備されているところもあります。その場合は賃貸料にインターネット利用料金が含まれているかもしれません。引越し前の住居で使っていたプロバイダーの解約を忘れて、二重にプロバイダーの利用料金を支払うことのないようにしましょう。

引越しの連絡はお早めに

引越し先でも同じプロバイダーを継続できるか、変更しなくてはならないかは、プロバイダーによる詳しい調査が必要になることがあり、実際の解約や開通の手続きに時間がかかってしまうこともあります。

例えば、解約する場合に契約者が立ち会いの訪問工事が必要なときがあります。また、引越し先で同じプロバイダーが使えるとしても、以前の入居者がインターネットを利用していなかったり、新築でその部屋自体に回線が引き込まれていない場合は、新居でも工事が必要になることもあります。業者のスケジュール上、繁忙期で工事予約がなかなか取れず、解約や開通に大幅な時間がかかってしまう場合もあります。

こうしたことを防ぐためには、早めの連絡が必要です。引越しが決まったらすぐにプロバイダーのカスタマーサービスへ電話をして、引越しの手続きについて調べておくことをおすすめします。

詳しくはプロバイダーや光回線乗換え手続きの流れ・手順ページを見ていただくとよりイメージしやすくなります。

※ 表記の金額は全て税込です。
※ ご請求額は、税抜価格の合計に消費税相当額を加算し、1円未満を切り捨てます。そのため、個々の税込価格の合計とは異なる場合があります。

※ 表記の金額は全て税込です。
※ ご請求額は、税抜価格の合計に消費税相当額を加算し、1円未満を切り捨てます。そのため、個々の税込価格の合計とは異なる場合があります。

page_top