Wi-Fiやインターネットはどうする?引越し時の手続きについて

引越しをする際に「このWi-Fiルーターは引越し先でも使える?」「引越し先でも同じインターネットを使うにはどうすればいい?」と疑問を持つ方もいるでしょう。忙しい引越しのタイミングでスムーズにWi-Fiやインターネットの手続きを済ませるためには、正しい手順を把握しておく必要があります。

この記事では、引越しの際の手続きに関する方法、また引越し先でも快適にWi-Fiやインターネットを使うための注意点を紹介します。

引越しが決まったらまず確認すべきこと

引越しが決まったらまず確認すべきこと

引越しが決まったら、まずは現在のインターネットの契約状況を確認しましょう。現在契約しているプロバイダーと回線事業者はどこなのか、連絡先は把握しているか、契約期間はいつまでなのかなど、引越し時の手続きを進めるにあたって、必ず必要な情報になります。

プロバイダーや回線事業者に関しては、毎月届く請求書やメールなどで確認できます。プロバイダーと回線が一体型になっている事業者と契約している場合もあるので注意しておきましょう。

プロバイダーの詳しい確認方法を知りたい方は、以下の記事をご覧ください。

プロバイダーの確認方法|調べ方と解約や乗換えの手順まで

引越し先でWi-Fi・インターネットを使う方法

Wi-Fiに接続するメリット・デメリット

引越し先でWi-Fiやインターネットを使うには、次の2つの方法のどちらかの手続きをする必要があります。

  1. 今のプロバイダーと契約したまま移設する
  2. 解約して引越し先で新しいプロバイダーと契約する

どちらの方法を選ぶかによって、確認事項や手続きの流れが変わってきます。そのため、まず現在利用しているプロバイダーの情報を確認したあと、契約したまま移設するのか、解約して新しいプロバイダーの契約するのかを早めに決めましょう。

引越し先によっては、開通工事が必要になり、入居後すぐにインターネットを使えない可能性もあるので、早めに手続きを進めることをおすすめします。

今のプロバイダーと契約したまま移設するときの手続き

引越し先でも今契約しているプロバイダーのサービスを利用し続けたいのであれば、いくつか確認すべきことがあります。

まず契約しているプロバイダーが引越し先のエリアに対応しているか確認しましょう。エリア外であれば、契約し続けたとしてもWi-Fiやインターネットを利用できません。

また、引越し先がマンションやアパートなどの集合住宅の場合、回線設備が導入されているかを確認しましょう。建物に回線設備が導入されていれば、使用する部屋に回線を引き込んだり、もしくは設定を変更するだけでWi-Fiやインターネットが使えるようになります。

具体的に、今のプロバイダーと契約したまま移設するときの手続きは次のような流れで進めます。

  1. プロバイダーが引越し先のエリアに対応しているか、また引越し先の回線状況を確認する
  2. プロバイダーに引越しすることを伝え、継続して利用できるか確認する
  3. プロバイダーに引越し日や引越し先の情報を伝える
    → 必要あれば引越し先の回線工事をおこなう日を決める
  4. プロバイダーにレンタル機器の返却、別途支払いなどが必要か確認する
  5. 引越し日がきたら、新居に移動しWi-Fiやインターネットを利用する

引越し後も同じプロバイダーと契約し続ける場合でも、そのまま利用できるのではなく、住所変更などの利用開始手続きが必要になるので忘れずにおこないましょう。

解約して引越し先で新しいプロバイダーと契約するときの手続き

今のプロバイダーや回線事業者を解約して、引越し先で別の業者と契約する場合、まずは解約の連絡を入れます。解約手続きをおこなわないと、使っていないインターネット料金を支払い続けることになるので気をつけましょう。

解約する際に、契約期間によっては違約金が発生する可能性もあるので注意が必要です。また、機器返却や撤去工事の有無に関しても確認して対応しましょう。

解約手続きが終わったら、新しいプロバイダーと回線事業者との契約手続きを進めます。具体的に、解約して引越し先で新しく契約するときの手続きは次のような流れで進めます。

  1. 契約しているプロバイダーと回線事業者を解約する
  2. 違約金の有無を確認し、解約日を決める
  3. 機器の返却や撤去工事が必要であれば対応をする
  4. 新しいプロバイダーと回線事業者と契約する
    → 必要あれば引越し先の回線工事をおこなう日を決める
  5. 引越し日がきたら、新居に移動しWi-Fiやインターネットを利用する

回線事業者の状況次第では、回線工事がすぐにおこなえない可能性があります。引越しシーズンは工事まで1ヵ月待ちになることもあるので、早めに契約手続きや工事の日程決めを進めることをおすすめします。

引越しする際のWi-Fi・インターネットに関する注意点

引越しする際のWi-Fi・インターネットに関する注意点

ここから、引越しする際のWi-Fiやインターネットに関する注意点をお伝えします。引越ししてスムーズにWi-Fiやインターネットを利用開始するためにも、次のことを意識しておきましょう。

プロバイダーの対応エリアを確認する

先ほどもお伝えしたとおり、引越し先がプロバイダーの対応エリアか確認しましょう。全国的にサービスを展開しているプロバイダーもあれば、一部の地域のみ対応できるプロバイダーもあります。

もし引越し前の住所で契約しているプロバイダーが、引越し先のエリアに対応していない場合、他のプロバイダーと契約する必要があります。エリアによって契約できるプロバイダーが異なるので、対応エリアの確認は必須です。

引越し先の回線設備を確認する

引越し先の建物にすでに回線設備が導入されているかを確認しましょう。マンションやアパートなどの集合住宅に引越す場合、すでに回線設備が整っていることが多いです。

回線設備が導入されている場合、自分で契約手続きをしなくても、そのままWi-Fiやインターネットが利用できる場合があります。また、管理会社や大家さんによっては、契約できる回線を固定で決めている場合もあるので、契約手続きを進める前に確認しておくことが大切です。

今の契約内容より条件が良いプロバイダーを探す

引越し先で新しくプロバイダーと契約を結ぶなら、今の契約内容より条件が良いところを探してみましょう。プロバイダーによっては、初期費用が無料になったり、キャッシュバックが受け取れたりするキャンペーンを提供している場合があります。

引越し先でも同じプロバイダーを利用することには、「サービスに慣れている」「手続きの手間がかからなくて楽」といったメリットがありますが、引越しのタイミングは契約内容を見直す良い機会でもあります。今より月額料金が安くなったり、回線速度が上がったりする可能性もあるので、自分に合うプロバイダーを探してみることをおすすめします。

引越しにともなうWi-Fi・インターネットのよくある質問

最後に、引越しにともなうWi-Fiやインターネットに関するよくある質問をまとめておきます。

  • man01
    Q

    引越しするときプロバイダーや回線事業者にはいつ連絡するのが良い?

  • A

    引越しが決まったら、引越し日の1ヵ月前には各社に連絡を入れましょう。回線工事が混み合う可能性もあるので、なるべく早く連絡することをおすすめします。

  • woman01
    Q

    引越し先の回線工事は立ち合いが必要?

  • A

    基本的に、引越し先の回線工事は立ち合いが必要です。使用する部屋の中に回線を引き込む必要があるので、立ち合いが必要になります。引越し日より前に回線工事をおこなう場合は、管理会社の方や大家さんが立ち会いの対応をしてくれる場合もあります。

  • man03
    Q

    引越しする際、レンタル機器の返却はどのようにすればいい?

  • A

    プロバイダーや回線事業者に解約する旨を伝えれば、返却に使う梱包キットが届きます。そのため、梱包キットに借りていた機器や必要な書類を入れて返送すれば、返却完了です。

契約内容を見直し必要に応じてプロバイダーを乗換えよう

今回は、引越しの際のWi-Fiやインターネットの手続きに関して紹介しました。

今のプロバイダーと契約し続けるのか、新しいプロバイダーと契約するのか、引越しする際は迷われる方が多くいます。引越し先の回線状況によっても、やるべき手続きが変わってくるので、早めに判断して手続きを進めるようにしましょう。

もしプロバイダーの乗換えを少しでも検討しているなら、ぜひBBIQにお問合せください。BBIQは、プロバイダーと回線事業者が一体型となったサービスを提供しています。契約手続きの手間がかからないほか、おトクなキャンペーンも用意しているので、少しでも気になる方はお問合せください。

光インターネット(光回線)の月額料金・初期費用
お問合せ・資料請求

※ 表記の金額は全て税込です。
※ ご請求額は、税抜価格の合計に消費税相当額を加算し、1円未満を切り捨てます。そのため、個々の税込価格の合計とは異なる場合があります。

※ 表記の金額は全て税込です。
※ ご請求額は、税抜価格の合計に消費税相当額を加算し、1円未満を切り捨てます。
そのため、個々の税込価格の合計とは異なる場合があります。

page_top