自宅でWi-Fiを使うにはどうすればいいの?

有線のネット通信とWi-Fiのネット通信では全く通信方法が異なり、 契約も大きく異なるというイメージをお持ちの方もいるのではないでしょうか。 実は通常のインターネット回線をご契約の方は無線ルーターを使うことで、 今の契約のままでWi-Fiを利用できるようになるんです。

必要な環境・機器を揃えよう

Wi-Fiに必要な無線ルーターってなに?

Wi-Fiに必要な無線ルーターってなに?

光などのインターネット回線への接続には「ルーター」という機器が必要です。ルーターには「有線ルーター」「無線ルーター」があります。 自宅でWi-Fiを使うためには、「無線ルーター」が必要です。自宅のインターネット環境をWi-Fi化するために必要な「無線ルーター」はパソコン・スマートフォン・タブレットなどに無線で電波を送ることで、インターネット接続を可能にします。 無線ということはケーブルがいらなくなるので、見た目にもすっきりと片付きますし、小さなお子さんやペットが自宅にいらっしゃる方は、ケーブルの破損などの心配もないので安心です。

無線ルーターと機器の設定をしよう

無線ルーターと機器の設定をしよう

無線ルーターは、家電量販店などで購入することができます。機能や性能もさまざまで、値段にも幅がありますので、自宅の間取りや使いたいインターネット対応機器に合わせて選ぶとよいでしょう。

Wi-Fi接続には、無線ルーターに記載されているSSIDとパスワードをスマートフォンやタブレットに設定することで、利用できるようになります。

無線ルーターの接続方法

無線ルーターの接続方法

ここでは、有線でインターネットを利用されている方向けに無線ルーターを使ったWi-Fiの設定方法をかんたんに紹介します。なお、接続方法は無線ルーターによって異なる場合がありますので、どのルーターにも共通していえるような部分を中心にご説明します。

Wi-Fiの接続に必要な接続は光回線終端装置やモデムと無線ルーターの接続です。光回線終端装置は、回線事業者からインターネット通信のために提供されるツールです。この装置が、外から引き入れた光回線とデバイスへと伝える役割を果たします。有線でネット接続されている場合は、光回線終端装置とパソコンがLANケーブルで結ばれている状態です。このLANケーブルをパソコンから外し、無線ルーターと接続することで、光回線終端装置と無線ルーターが接続された状態となり、無線ルーターまで回線が繋がります。

その後、パソコンと無線ルーターの間で正しく通信が行われると、インターネットが使えるようになります。インターネットに繋がったら、Wi-Fi接続のための手続きを行いましょう。多くの場合、プロバイダーからの書類に記載されているユーザー名やパスワードを入力する画面が表示されますので手元に用意しておくとスムーズです。

ルーターによっては初期設定のパスワードが脆弱なものもあります。パスワードが破られると近隣の住民から無断利用されてしまいます。パスワードは複雑なものを設定していただくと安心です。

自宅でのWi-Fi、どんなときに便利なの? Wi-Fiの利用シーンを紹介

自宅でのWi-Fi、どんなときに便利なの? Wi-Fiの利用シーンを紹介

自宅でのWi-Fi環境を整えると、パソコンの置き場所を選ぶことがないのもメリットです。 例えば、無線ルーターを1階に設置してパソコンは2階の寝室で使うなど、お部屋の間取りを気にせず離れた場所でインターネットを楽しむことができます。
Wi-Fiに対応した機器なら複数同時に接続することもできるので、ご家族全員が互いの利用時間を気にすることなく、自由にインターネットを使えるようになるというところも便利です。

Wi-Fiの通信に使われているのは固定回線であるため、通信制限がありません。スマ―トフォンを接続すれば、スマホのパケットを消費することなく、通信することができます。

BBIQでWi-Fiを利用するには?

BBIQ光インターネットに加入している方で、無線ルーターをすでにお持ちの場合は、無線ルーターをBBIQの回線に繋いで設定するだけで、Wi-Fiが使えるようになります。 無線ルーターを持っていない場合は、BBIQ光電話の無線ルーター機能を利用することで、無線ルーターを使えます。どんな無線ルーターを選べばよいのか分からないといった不安のある方は、ご加入を検討してみてはいかがでしょうか。

※ 表記の金額は全て税抜です。別途消費税がかかります。

※ 表記の金額は全て税抜です。別途消費税がかかります。

page_top