光インターネットの接続図

BBIQ(光インターネット)

光回線を使うためには、回線を屋内に引き込む工事が必要となることは皆さんご存知かと思います。しかし、その工事の結果、どのようにしてパソコンがインターネットに接続できるようになるかは、想像がつきにくいのではないでしょうか。接続の全体像を知ることで、お住まいに合った工事内容や有線・無線それぞれの接続のイメージができます。このページでは室外の電線にある光回線がどのように屋内まで引き込まれるか、屋内の光回線がどのようにパソコンに接続されるかを図解していきます。

接続図

標準工事

標準工事内容

  • 標準工事は、回線終端装置までの配線および回線終端装置の設置工事です。
  • 天井裏、壁面内および床下への隠ぺい配線などの特殊工事は標準外工事となります。

「光回線終端装置」とは?

光回線終端装置とは、光回線をご利用いただく際に必要になる機器です。「ONU(Optical Network Unit)」とも呼ばれます。

電線から引き込んだ光ファイバーは、コンピューターやルーターに直接繋ぐことができません。また、光ファイバー内に流れている光信号もコンピューターでは認識できません。そのため、回線終端装置でデジタル信号に変換し、LANケーブルを通じてコンピューターに届ける必要があります。逆に、コンピューターが用いるデジタル信号は、回線終端装置で光信号に変換して光ファイバーに流します。このように、光信号とデジタル信号の相互変換を行うのが、回線終端装置です。

よく似た機器にモデムとルーターがありますが、モデムは電話回線(ADSL回線)から送られるアナログ信号をデジタル信号に変更する機器です。

参考:ADSL回線の特徴

Wi-Fiルーターはパソコンやスマートフォンといった複数の端末をインターネットに接続するための機器です。Wi-Fiを使うことで、場所にとらわれずにネットが利用でき、スマートフォンのデータ通信量を抑えることができます。

参考:Wi-Fiで快適インターネット

1.お客さま宅にQTnetの光ファイバーケーブルを引き込みます。
a. 戸建住宅にお住まいのお客さま

空調機、電力線等の既存の貫通孔からの引き込みを優先しますが、引き込みが困難な場合は新たに直径1cm程度の貫通孔を設けることがあります。また、賃貸住宅の場合、建物の管理者さまの了解が必要となりますので、お客さまにて建物の管理者さまへの入線交渉をお願いします。

戸建住宅の接続図
b. 3階以下のアパート・コーポハウス等にお住まいのお客さま

光ファイバーケーブル入線にあたっては、あらかじめお客さまにて建物の管理者さまへの入線交渉をお願いします。なお、空調機、配管や換気口など既存の貫通孔からの引き込みを優先しますが、引き込みが困難な場合は、新たに直径1cm程度の貫通孔を設けることがあります。また、入線箇所付近の壁に光コンセントを設置いたします。

アパート・コーポハウスの接続図
c. マンション・ビル等にお住まいのお客さま

光ファイバーケーブル入線にあたっては、あらかじめ建物の管理者さま または管理組合さまの了解が必要となりますので、お客さまにお取次ぎをお願いする場合がございます。電話線、電力線等の引込管などから光ファイバーケーブルを引き込み、共用部分にQTnet装置を設置いたします。引き込みが困難な場合は、外壁の貫通工事等を行います。各戸に光ファイバーケーブルを引き込みますが、引き込みが困難な場合は、LANケーブルによる配線をお願いする場合がございます。

マンションの接続図
2.お客さま宅に回線終端装置を設置します。

インターネットを接続するパソコンが1台のみの場合(接続例)

インターネットを接続するパソコンが1台のみの場合(接続例)
  • かんたん設定サービス」をご希望の方は、無料でBBIQ接続設定・Webブラウザーの設定、メールソフトの設定を行います。

インターネットを接続するパソコンが2台以上ある場合(接続例):無線ルーター使用の場合

インターネットを接続するパソコンが2台以上ある場合(接続例):無線ルーター使用の場合
  • 複数台のパソコンの接続設定をご希望される場合とことん設定サービス(有料)をご利用ください。
  • BBIQは最大5台までパソコンを同時に接続してご利用いただけます。
  • ブロードバンドルーターはお客さまのご使用状況に合わせて有線タイプ、無線タイプをご準備ください。
  • 通信速度等はお客さまのパソコン環境、設定状況、ブロードバンドルーターを含めたLAN環境、接続サイトまでの環境状況により異なります。

■回線終端装置は弊社より貸出しますが、設置に伴う電気代(※)はお客さまの負担となります。
※消費電力 約10W(1ヵ月あたりの電気代は約120円程度)

終端装置接続概略図 お客さまとのインターフェイスは、LAN接続端子である100BASE-TX、または、1000BASE-Tとなります。
コネクタの形状 LAN接続端子とは、電話のモジュラーに似た形状をした接続端子で、図のようにピンが電話より多く8個あります。端子の近くには100BASE-TX/10BASE-T, Ethernet(10/100)といった記載があります。
3.お客さまにご準備いただくものがあります。
  • パソコン
  • LANケーブル
  • 家庭用電源コンセント(AC100V)3口以上

インターネット接続機器

お申込みのコースに応じて、次のインターフェイスの機器とLANケーブルをご準備ください。

  インターフェイス LANケーブル
100メガコーズ 100BASE-TX カテゴリー5以上のストレートケーブル
ギガコーズ 1000BASE-T カテゴリー5e以上のストレートケーブル
  • LANケーブルは弊社にて有料で準備することができます。
  • 配線サービス(有料)をお申込みのお客さまは、弊社にてLANケーブルを準備いたしますので不要です。
  • インターネット接続機器を複数台でご利用される場合は、ブロードバンドルーターを別途ご準備ください。
    (BBIQ光電話をお申込みの場合は不要です。)
  • BBIQ光電話をお申込みのお客さまで、無線LAN接続をされる場合、LANケーブルは不要です。

家庭用電源コンセント

回線終端装置やインターネット接続機器などで使用する家庭用電源コンセント(AC100V)3口以上をご準備ください。

  • 必要口数はお客さまのお申込み内容、ご利用環境により異なります。
  • 弊社にて準備することができます。(有料)

パソコンの仕様

パソコンでBBIQをご利用いただくには、次の仕様を満たすパソコンをご使用ください。

  • CPU:(Windows)Pentium互換プロセッサ1GHz 以上/(Mac)Core 2 Duo以上
  • メモリ:Windows 10,8,7 2GB以上
  • OS:Windows 10,8,7、Mac OS X 10.7以上

(上記スペックは、通信速度を保証するものではありません。また、上記のスペックを満たしていない場合でも動作しますが、BBIQの性能を十分に発揮できないことがあります。)

お申込みはかんたんWeb申込みがおすすめ!ご不明な点はお気軽にお問合せください。
お電話でのお申込みは【申込み相談ダイヤル】0120-98-6009 通話無料/年中無休 受付時間:9:00〜20:00(12/31〜1/3は9:00〜18:00)
ご不明な点がある方は