Wi-Fiをパソコンなしで使うには?無線LANルーターの設定方法と選び方?

近年はスマートフォンが普及し、自宅にパソコンがないという世帯も増えてきました。電話やインターネット、メールなどのすべての作業をスマートフォンだけで完結させることができるため、「パソコンなしでも日々の生活には困らない」と考える人が多くなったことは間違いなさそうです。

とはいえ、スマートフォンだけで動画の視聴やインターネットなどを使用しているとすぐに通信量が膨大になってしまい、場合によっては月が変わるまで通信が制限されてしまうこともあります。そこで「気兼ねなくインターネットを使えるWi-Fiを自宅に導入しよう」と考えている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

ここでは、Wi-Fiをパソコンなしで使うための無線LANルーターの選び方や、Wi-Fiを導入する必要性について解説しますので、ぜひ参考にしてみてください。

パソコンなしでWi-Fiの設定は可能

自宅にパソコンがなかったとしても、光回線とプロバイダーの契約が完了していれば、パソコンなしの設定に対応している無線LANルーターを用意してWi-Fiを利用することができます。スマートフォンやタブレットなどがあれば設定できるので、必ずしもパソコンが必須というわけではありません。

スマホしかもっていないユーザーにもWi-Fiは必要?

スマホしかもっていないユーザー

「パソコンが家にないからWi-Fiはいらない」という声もよく聞かれますが、スマートフォンのみを使っているユーザーでもWi-Fiを導入するメリットは数多くあります。ここではスマートフォンユーザーがWi-Fiを使うべき2つの理由を紹介します。

データ量を気にする必要がない

月末にデータ通信量が契約分を超えてスマートフォンに通信制限がかかってしまった経験がある方は多いのではないでしょうか。制限がかかるとインターネットの読み込みが遅くなり、動画などたくさんの通信を必要とするコンテンツを再生することが難しくなってしまいます。

こんなとき、自宅にWi-Fiがあればデータ量を気にせずにインターネットを楽しむことができます。プロバイダーと契約するインターネット回線は通信量の上限が設定されていないことがほとんどなので、毎月の使用量を気にしてスマートフォンの使用を控える必要がなくなります。

モバイルルーターより速度が速い

Wi-Fiは一般的にモバイルルーターよりも高速な通信が可能です。モバイルルーターは小型で持ち運びやすく、場所を選ばずに使用できる点が魅力ですが、電波を受信するアンテナが小さく、通信速度があまり出ないことも多くあります。一方、Wi-Fiは自宅に引き込んだ回線を利用するため安定性が高く、読み込みも速いことから、快適な通信を行うことができるのです。

長い動画を視聴するときや複数人でゲームの通信プレイを行うときなど、大量の通信を必要とするシチュエーションで速度が遅いとストレスを感じてしまいます。しかし、Wi-Fiならあっという間に読み込みが完了するので、ストレスフリーなインターネット環境が実現できるのです。

光回線の契約と無線ルーターが必要

Wi-Fiとは、自宅に引いた光回線を無線ルーターのアンテナで受信し、電波として飛ばす方式のことです。そのため、Wi-Fiを使用するためには、そもそもの光回線の契約と無線ルーターの準備が必要となります。

光回線を利用するための通信を仲介する事業者のことを「プロバイダー」と呼び、インターネットを利用する際には必ず契約が必要です。回線工事とプロバイダーの契約をセットにして割安で提供していることも多いので、各通信事業社を比較検討して自分に適したプランを選択すると良いでしょう。BBIQでは、回線工事とプロバイダー料金がセットになったおトクなプランをご用意しています。

光回線の契約と無線ルーターが必要

対応している無線LANルーターを用意

対応している無線LANルーターを用意

こパソコンなしでWi-Fiを設定できる無線LANルーターは主に2種類あります。QRコードの読み取りに対応している端末であればどちらも利用できますが、非対応の場合はAOSS2対応ルーターを選ぶと良いでしょう。

対応している無線LANルーターを用意

QRコード設定対応ルーター

Wi-Fiの設定に詳しくない人でも手軽にインターネットを利用できるのがQRコード設定対応ルーターの特徴です。通常、ルーターに接続する際には、接続する端末から暗号キーを手動で入力する必要がありますが、無線ルーターの本体に記載されていたり本体と一緒に同梱されていたりするQRコードをスマートフォンのアプリで読み取るだけで、かんたんにWi-Fiに接続できます。

AOSS2対応ルーター

こAOSS2はボタンを押すだけで簡易的にWi-Fiに接続できるAOSSの後継機種で、パソコンを使わずにスマートフォンだけでWi-Fiの設定ができます。設定したい無線LANルーターのAOSSボタンを押してから、スマートフォンで表示されたSSIDをタップするだけで設定が完了します。

こQRコード設定対応ルーターとの違いは、QRコードを読み込むことができない端末でも設定ができることにあります。QRコードの読み込みアプリが標準装備されていないWi-Fiモデルの端末やパソコンなどでも容易にWi-Fiの設定が行えます。

まとめ

自宅にパソコンがなかったとしても、QRコード設定対応ルーターやAOSS2対応ルーターなど、パソコンなしの設定に対応している無線LANルーターを用意することでWi-Fiの導入はかんたんにできます。

Wi-Fiを使えば、データ通信量を気にすることなく、高速で快適なインターネット環境をいつでも楽しむことができるようになります。これまで「パソコンなしだとWi-Fiを設定できないから」と導入を諦めていた方も、これを機にぜひWi-Fiをご利用してみてください。

※ 表記の金額は全て税込です。
※ ご請求額は、税抜価格の合計に消費税相当額を加算し、1円未満を切り捨てます。そのため、個々の税込価格の合計とは異なる場合があります。

※ 表記の金額は全て税込です。
※ ご請求額は、税抜価格の合計に消費税相当額を加算し、1円未満を切り捨てます。そのため、個々の税込価格の合計とは異なる場合があります。

page_top