IPv6でのインターネット接続について

BBIQ光インターネットはIPv6にも標準対応!

IPv6とは

IPアドレスとは

IP(Internet Protocol)はインターネット上でデータ伝送を行うためのプロトコル(通信のルール)です。
例えば、Aさんが英語、Bさんが日本語では会話ができませんが、お互いが英語で話をすれば会話ができるように、機器同士の通信ルールが定められており、それを「プロトコル」と言います。インターネットの世界ではIPというプロトコルを通じて機器同士で話をしています。

では、よく耳にする「IPアドレス」とは何でしょうか。
機器同士で通信を行うには相手を特定する必要があります。この相手を特定するのに必要なのが「IPアドレス」です。
現実世界では郵便を届けるために必要なインターネット上の「住所」にあたります。
パソコンやスマートフォンでインターネットを閲覧する、メールを受信するなどインターネット通信を行うためにはこのIPアドレスが必要になり、インターネット上のIPアドレスは世界に1個しかないユニークなものとなります。

IPv4とIPv6の違い

現在、多く利用されているIPアドレスはIPv4(Internet Protocol Version 4)アドレスと呼ばれ、インターネットの普及と共に広く使われるようになり、現在も引き続き使用されています。しかしながら、近年のスマートフォンやIoT機器など接続機器の増加・拡大に伴い、利用できるIPv4アドレスが枯渇してきています。
そのような背景から次世代プロトコルとしてIPv6(Internet Protocol Version 6)が登場しました。
このため、IPv4とIPv6では、IPアドレスを割り当てられる数が大きく違います。
IPv6アドレスでは、IPv4アドレスの約43億個のアドレスに対して、約340澗(かん)個(340兆×1兆倍×1兆倍)のアドレスを利用することができ、事実上無限にIPアドレスを割り当てる事ができます。

IPv6を利用するメリット

IPアドレスが無限になる

上記でもお伝えした通り、IPv6は約340澗個のアドレス数を持ちます。そのため、IPアドレスの割り当てができず、インターネットに接続できないという事態がなくなり、全ての端末でインターネットに接続できるようになります。

セキュリティを実装しやすくなる

IPv6には、IPv4ではオプション扱いであった「IPsec」という情報を暗号化するプロトコルが標準で実装されています。IPsecがあれば、通信するデータを暗号化でき、第三者等にデータを横取りされる心配がなくなります。その結果、データ改ざん耐性や機密性などのセキュリティ体制を高められるのです。

IPv6を利用するデメリット

IPv6に対応したルーターが必要になる

IPv6を利用するには、IPv6に対応したルーターが必要です。IPv4と同じルーターは、IPv6には利用できません。そのため、IPv6用のルーターを新しく買うことになるので、追加で費用がかかります。

IPv4通信機器と相互通信ができない

IPv6とIPv4は相互通信できません。そのため、現状IPv4で通信しているWebサイトをIPv6では閲覧できないのです。しかしながら、相互接続性を持たせる技術も誕生しているので、徐々に相互通信の問題は解消されていくでしょう。

BBIQでIPv6を利用するには

BBIQでは2021年7月より順次、BBIQ光電話無線ルーターをご利用中のお客さまにIPv6を提供します。ご利用料金やお申込みは不要です。
また、BBIQでは接続先の Web ページやお客さまのご利用端末から IPv4/IPv6接続を自動判別する「デュアルスタック方式」を採用しておりますので、お客さまがIPv4/IPv6を意識することなく、これまで通りインターネットをご利用いただけます。

初期費用 月額料金 お申込み
無料 無料 不要

■お客さまにてご準備されたルーターをご利用の場合、IPv4のみご利用いただけます。

■BBIQ光電話無線ルーターのルーター機能をご利用の場合、IPv4/IPv6通信が可能となります。

IPv4/IPv6の通信はBBIQ公式サイトのトップページ下部のアイコンでご確認いただけます。

  • IPv6利用中
  • IPv4利用中

IPv4で通信しています。

  • IPv6利用中
  • IPv4利用中

IPv6で通信しています。

BBIQはIPv4もIPv6も高速通信

BBIQ は、IPv4 と IPv6 による通信速度の違いはなく、ともに高速・高品質な通信速度での接続サービスをご提供しております。

BBIQが高速・高品質な理由

BBIQではインターネット回線(光ファイバー)とプロバイダーを自社で一括管理し、提供しております。一方、固定回線を提供している事業者の多くは、NTTのフレッツ網を利用しており、インターネット回線とプロバイダーが別々の会社での提供となっています。
例えば、万が一の障害や速度低下が発生した場合、他社では原因の確認や改修の調整など、会社間の交渉でどうしても時間がかかってしまいますが、BBIQは全て自社設備のためスムーズに改善することができます。
BBIQでは、この特長を活かして、お客さまへ快適なインターネットをご利用いただけるよう様々な取り組みを行っております。

迅速な回線増強で高速な回線を実現!

BBIQでは、自社で約12万km(およそ地球3周分)もの光ファイバーを所有しています。自社の光ファイバーで回線網を構築していることから、自社判断で回線網の増強を行うことができます。
それに対して、自社で回線網を所有していない他社は、回線増強を行うことができず、通信をひっ迫させてしまう場合があります。
実際、BBIQでは、日々お客さまのご利用状況を確認しており、お客さまが快適にご利用いただけるよう迅速に増速対応を行うことで、高速な通信を実現させています。

トラブルの少ない高品質な回線を実現!

BBIQには自社でネットワークを構成できるというメリットもあります。BBIQではお客さまの宅内から伸びる光ファイバーを集約する局舎を自社設備として有しており、インターネットに接続するまでに複数の局舎を経由しますが、局舎間も自前の光ファイバーで接続することで独自ネットワークを構築しています。このネットワーク上にはいくつもの機器が設置されており、どの機器をどこにどれだけ配置するのかを自社で決めることができますので、BBIQでは2重3重の予備機を用意しています。
仮にネットワーク機器の一部が故障した場合、あらかじめ構築している予備の機器を稼働させることで、インターネットが使えなくなったり、通信が遅延したりする点を防いでいるのです。
また、BBIQでは、24時間365日、常に局舎や局間ネットワークを監視しており、万が一の障害時にもすぐ対応できる体制を有しています。
このように、インターネット回線とプロバイダーを自社で一括管理し、提供している強みを生かして、幾重にも予防線を張っておくことで、トラブルの少ない安定した回線をご提供しています。

おすすめプラン

秋のわくわくキャンペーン

※ 表記の金額は全て税込です。
※ ご請求額は、税抜価格の合計に消費税相当額を加算し、1円未満を切り捨てます。そのため、個々の税込価格の合計とは異なる場合があります。

※ 表記の金額は全て税込です。
※ ご請求額は、税抜価格の合計に消費税相当額を加算し、1円未満を切り捨てます。
そのため、個々の税込価格の合計とは異なる場合があります。

page_top