ADSLの特徴プロバイダーの基礎知識

ブロードバンド回線の先駆け的存在のADSL

ADSLの特徴

2000年代に登場したADSL(Asymmetric Digital Subscriber Line:非対称デジタル加入者線)は、それまで主流だったISDNやダイヤルアップといったインターネットの接続手段と比べて、はるかに高速通信ができることから急速に普及しました。さらに、それまでは通信したデータ量に応じて使用料金が決まる料金体系が基本だったのに対し、定額での利用が可能になったことなど、インターネットの普及にも大きな影響を与えました。

ADSLの魅力、利用方法

ADSLは、非対称デジタル加入者線と訳します。非対称の意味は、データを受信する速度とデータを送信する速度が異なることに由来しています。この性質もふまえて、ADSL利用について確認していきましょう。

ADSLの魅力

ADSLを利用するメリットとしては、簡単に接続可能な点が挙げられます。ADSLは電話回線を利用してインターネットへ接続しますので、特別な工事が必要なく、開通もスムーズです。

ADSLの利用方法

ただし、前自宅と電話局との距離によっては、通信速度が遅くなってしまうかもしれません。ADSLの受信速度の予測についてはプロバイダーのウェブページで行うことが可能ですので、下調べをした上で、自身の環境や利用方法を考えて選ぶようにしましょう。

光回線との比較

メールをするだけ、たまに簡単な調べ物をするだけで、パソコンを日常的に使っていないという人ならADSL回線でも十分だと言えます。しかしインターネットが生活に浸透している昨今では、思いのほか大容量の通信をする機会が多いものです。

例えば写真を友達やご家族に送ったり、インターネットで音楽や動画を楽しんだり、ネットショッピングを利用したことはないでしょうか。こうしたサービスを活用する場合に、ADSL回線では画面の動きが遅いと感じる方もいらっしゃるかもしれません。これまでに説明した通り、ADSLは電話局との距離によって速度が遅くなることがあります。

加えて、ADSLには「上り」「下り」で速度の差が顕著であるという特徴があります。
具体的には、写真などの画像をご家族に送ったりするのが「上り」。反対に画像を受け取ったり、インターネット上の動画を楽しんだりするのが「下り」です。自分のパソコンからインターネットという目的地に向かって、道路が伸びていると想像してみて下さい。パソコンを出発して目的地へと向かう車に画像などの荷物を渡すのが「上り」、逆に戻ってくる車から荷物を受け取るのが「下り」というわけです。基本的に「上り」は「下り」よりも車線の数が少ないため、荷物を受け取るよりは送るのに時間がかかってしまいます。ADSLの場合は光回線に比べてその差が大きく、通信速度が不安定になる傾向があります。

光回線は「上り」「下り」で車線の数に差がある場合でも、ADSLに比べてどちらも車線数が多く、太い道路となっています。ADSLよりも速度が速く安定しているというわけです。画像や動画も快適に楽しむことができるので、現在はADSLよりも光回線を利用するのが一般的となっています。

初めてのプロバイダー

今月は、長崎・大分・宮崎・鹿児島の方がおトク!ギガの速さで2,000円台!!

お申込みはかんたんWeb申込みがおすすめ!ご不明な点はお気軽にお問合せください。
お電話でのお申込みは【申込み相談ダイヤル】0120-98-6009 通話無料/年中無休 受付時間:9:00〜21:00
ご不明な点がある方は