特集記事

feature

新しいスタイルの九州の旅 九州の魅力体感列車「36ぷらす3」の旅 昨年10月にJR九州からデビューした、全席グリーン席の特急列車「36ぷらす3」。九州を周遊する夢の列車の旅「青の路」コースを感謝を込めてプレゼント!

今までなかった、新しい
スタイルの「列車の旅」

九州の魅力体感列車 「36ぷらす3」とは?

 昨年秋にデビューした「36ぷらす3」は、驚き、感動、幸せをお届けし、「お客さま、地域のみなさま、私たち」でひとつになって、サンキュー(36+3=39)=感謝の輪を広げたいというコンセプトで生まれた列車で、九州7県を周遊する全席グリーン席の豪華な列車。

運行区間の図

「36ぷらす3」の旅のポイント」

1 1両にわずか4〜6室の個室で
のんびり旅

6両編成にわずか105席しか設けられていないので車内はとてもゆったり。3号車ビュッフェ、4号車マルチカーとフリースペースも充実。

優雅な個室の旅を

2 感染症対策にも
配慮した車内

3号車ビュッフェでは床から壁まで銅板張り。豪華なばかりでなく、ウイルスにも強い素材を使用することで感染症対策の配慮もされている。

3号車ビュッフェ

3 個室にお届けされる
九州の名店のランチ

「36ぷらす3」の魅力の一つは各コース沿線の名店の料理人たちが、旬の食材を丹精込めて作り上げたお食事を個室で味わうことができる。

旬の食材で作られるお弁当
ただ移動するだけではない
九州ふれあいの旅

 それぞれのルートの途中の駅で、地元のみなさまの「おもてなし」に触れたり、下車観光も楽しめる。車内では予約制の体験メニューも。九州の魅力を「ぎゅ〜っと」詰め込んだ列車の旅。

「青の路」コース門司港駅

一部下車観光が楽しめる駅も。

そのほか、車内ではコース毎に異なる「体験プラン」や「車内イベント」をご用意。お楽しみに!

「36ぷらす3」は九州ふれあいの旅

おもてなし駅では特産品販売など地域の魅力を感じていただける体験も!

特集記事一覧をみる