モバイルとは

BBIQモバイルルーター

LESSON1 外でもネットが使えるの? モバイルとは

旅行とネットが大好きな光山さん。
最新の薄型ノートパソコンを購入し、これからは旅先でもパソコンを活用したいとのこと。
でも、「外出中でもインターネットに接続するにはどうすればいいの?」「何が必要なの?」という疑問が・・・。
今回は、モバイルの手軽さや便利さについてわかりやすくご説明します。

モバイル(モバイルデータ通信)とは

先生

外出先でもインターネットに接続するには、「モバイルデータ通信」を使えば良いんですよ。

生徒

モバイルデータ通信?
いきなりなんだかむずかしそうね。

外出先でもインターネットが使えるサービスのことです。

モバイルとは?

モバイル(モバイルデータ通信)とは

携帯電話会社の3GやLTE回線等の電波を使って、ノートパソコンやスマートフォン、
タブレット等をインターネットに接続することができるサービスのことです。

普通、スマホでは外出先でもネットができますが、パソコンだと無理ですよね。

んー、家の中で使っている無線LANっていうのと同じような感じ?

そうです。帰省先でも、旅行中でもネット検索をしたりブログを書いたりできるんですよ!

へー、そうなのね。旅先でブログなんて、なんだかカッコいいわね。
で、その「モバイルデータ通信」っていうのを使うにはどうしたらいいの?

モバイルデータ通信サービスを行っている通信会社と契約をします。
あとは、モバイル用のルーターがあればOKですよ。

サービスエリアについて

「外出先でもインターネットができる」と説明しましたが、「通信会社が対応しているサービスエリアに限り」という条件がつきます。
通信会社によって、電波の届いていない場所もありますので、自分の行動範囲(通勤経路やよく行く外出先など)がサービスエリア内に入っているかどうかを事前に確認しておくことも重要です。

カフェで 移動中で 旅行・外出先で

モバイルデータ通信には何が必要?

モバイル用のルーター?なにそれ?もうカタカナ言葉が多くて困るわ・・・。

パソコンをインターネットにつなげる機器です。
Wi-Fiタイプなら、一度に複数台繋ぐことができるんですよ。

モバイルルーターとは

携帯電話会社の3GやLTE回線等の電波を中継することができる小型の端末です。
USBタイプとWi-Fiルータータイプがあります。

USBタイプ
USB端子に差し込んで使います。接続できるWi-Fi対応機器は1台だけですが、USB端子から直接電力供給されるので、バッテリーがいりません。
ビジネスや学校でノートパソコンを使うことが多い方にお勧めです。

Wi-Fiルータータイプ
持ち歩いているパソコンやタブレット等にWi-Fi機能があれば、複数台のWi-Fi対応機器をインターネットに同時接続することができます。
パソコンもスマホもタブレットも同時に繋げたい・・・という方にお勧めです。

モバイルルーターとは

えー、なんだかおトク!私「おトク」に弱いのよね。
ということは、一家に一台ルーターがあれば家族みんなで使えるってこと?

そうですね。Wi-Fiタイプなら複数台繋がりますからね。

いいわね!でも、設定とか難しいんでしょ?
うちの夫やってくれるかしら?あ、でも頼んだら機嫌が悪くなるわー。

モバイルルーターの特徴

工事不要
端末が届けばすぐに使える!

料金定額制
月額通信費用(4,000円程度)+ルーター端末費用

工事不要!

ご心配なく。工事は要りませんよ。

え!工事がいらない?素敵!もしかして、Wi-Fiタイプのルーターを家族みんなで使えば、
今契約している固定回線はいらなくなるってことかしら?

そうなりますね〜。ただしルーターをずっと家に置いておけば・・・ですけどね。

・・・・・・あ!そうね!誰かが外に持って出かけたら、家ではネットができなくなる!?

ですよねー。なので、家では光などの固定回線、外ではモバイルというふうに組み合わせて使うと良いですよ。

モバイルルーターについての注意事項

なるほどー!ふー、あぶないところだったわ。まだ他にも注意する点ってある?

だんだん慎重になってきましたね。他に注意する点としては、通信速度と通信速度制限です。

やっぱり他にもあるのね・・・。よく聞いておかなくちゃ。

まずは通信速度について。場所によっては、速度が不安定になります。

携帯でもつながりにくいところがあるものね。

通信速度について

携帯電話の電波の弱い所、サービスエリアの境界や、無線が入りにくいところ(地下、トンネル、山間部、海上など)では通信速度は落ちてしまいます。また隣接する建物の影響を受けます。
電波の弱い地域で常時インターネットに接続したい場合は、光ファイバーやADSLなどの固定回線をおすすめします。

次に通信速度制限について。
みんなが公平に回線を使えるように制限が設けられています。

通信速度制限について

モバイルデータ通信は、通信会社の回線を利用者で分け合って使っています。
一部の利用者だけが大量のデータ通信を連続して行っていると、それによって回線が混み合ってしまい、他の利用者が接続しにくくなる「渋滞」の状態になるわけです。
そこで、通信会社が大量のデータ通信利用者に対して「ある一定量の通信を超えましたから、他の利用者に回線を譲ってくださいね」という意味で、通信速度を落とすなどの制限をかけます。これが通信速度制限(帯域制限)です。
※通信速度制限がない通信会社もあります。

通信速度制限

なるほど、よく考えられてるわねー。

このような注意点もふまえて、サービスを選ぶ必要があります。

わかった、確認してみるわ。あー早く外でもネットしてみたいわ。

通信会社やサービスによって、サービスエリアや月額料金、端末料金、通信速度制限が違いますので、自分の使い方に合ったものを選んでくださいね。

そうね。でも今日のレッスンで、選ぶ基準がわかったわ。
家族とも相談して、検討してみなくっちゃ。
ありがとう!またいろいろ教えてね♪