OP25Bについて

近年、迷惑メールが多数送信されるようになり、迷惑メールの内容も犯罪目的のメールが送信されるなど、社会問題化しています。このため、BBIQでは、迷惑メールを減らすために、OP25B(Outbound Port 25 Blocking)対策を実施します。

OP25Bとは?

迷惑メールの多くは弊社の提供するメールサーバーを経由せずに、直接他社ISPなどのメールサーバー宛に送信されます。(※)
受信側のメールサーバーでは、宛先(To)が自分宛であれば否応なしに受信されるため、迷惑メールも通常のメールと同様に受信されてしまいます。

OP25Bでは、このような迷惑メールを遮断するため、直接他社ISPに送信されるメールの通信を遮断し、弊社のメールサーバーを経由せずに送信されるメールを制限する仕組みです。

OP25Bの実施により、迷惑メールやウイルス付メール、犯罪目的のメールが大量に送信されるのを防ぐことができ、インターネットをご利用の方が、より安心してメールを楽しんでいただけるようになります。

※弊社のメールサーバーでは迷惑メール対策(送信者の偽装やメール送信通数の制限)を行っているため、直接送信されるケースが大部分です。

OP25Bの実施により、BBIQのメールアドレス(***@xxx.bbiq.jp)を利用して送信されているお客さまには影響がございませんが、他社のメールアドレスを利用されている方など、一部のお客さまにはメールの送信に影響が生じます。
お手数をおかけしますが「OP25Bによるお客さまへの影響」の欄をご確認いただき、影響があるかどうかご確認ください。

OP25B実施日

2009年6月1日(月)

OP25Bによるお客さまへの影響

BBIQのメールアドレス(***@xxx.bbiq.jp)をご利用中のお客さまは、今まで通りメールの送受信が可能です。 OP25Bの実施により、BBIQのメールアドレスを利用せずに、他ISPなどのメールアドレスを利用されているお客さまは、メールの送信ができなくなる可能性があります。以下のフローに従い影響及び対策をご確認ください。

BBIQのメールアドレスを利用している はい BBIQ回線を利用している はい 影響なし今まで通りご利用が可能です
いいえ いいえ
影響あり対策1をご覧ください
他社のメールアドレスを利用している はい Webメールで利用している はい 影響なし今まで通りご利用が可能です
いいえ 影響あり対策2をご覧ください
BBIQ回線を使用して、メールサーバーを自分で設置している はい 固定IPを利用している はい 影響なし今まで通りご利用が可能です
いいえ
影響あり対策3をご覧ください

OP25Bにより影響を受けるお客さまと対策方法

対策1

[対象となるお客さま]
BBIQのメールアドレスを他社回線からご利用中のお客さま

[対応策]
メールソフトの設定を変更し、BBIQのメールサーバーに接続する際にサブミッションポートをご利用いただくことで、今まで通りメールのご利用が可能です。
以下のサブミッションポートの設定マニュアルに従い、設定変更を行ってください。

・BBIQ回線以外からBBIQメールを送信する

  • Windowsをご利用の方
  • Macをご利用の方

対策2

[対象となるお客さま]
BBIQの回線から、他社のメールアドレスをご利用中のお客さま(Webメールでご利用中のお客さまを除く)

[対応策]
メールソフトの設定を変更し、メールを送信する際にサブミッションポートもしくはSMTP over SSLをご利用いただくことで、引き続きメールのご利用が可能です。
サブミッションポートもしくはSMTP over SSLの設定につきましては、お手数ですが、ご利用中のメールサービス提供事業者にお問合せください。
もし、ご利用中のメールサービス提供事業者がサブミッションポートもしくはSMTP over SSLに対応していない場合は、固定IPアドレスをご利用いただくことで、メールの送信が可能です。

対策3 メールサーバーを設置されている方で、固定IPアドレスを利用されていないお客さま

[対象となるお客さま]
メールサーバーを設置されており、ダイナミックDNSなど、固定IPアドレスをご利用されていないお客さま

[対応策]
固定IPアドレスをご利用いただくことで、引き続きメールサーバーを介してメールの送信が可能です。

Adobe Reader(無料)のダウンロードはこちら Adobe Readerのダウンロード