MTU、RWINの設定方法

MTUやRWINの設定方法を紹介します。

【設定の前の注意事項】
設定をされる前に必ずご確認ください。
  • ・MTU、RWINの設定変更はWindowsのレジストリの変更が必要になります。レジストリの設定変更を誤るとパソコンが起動しなくなったり、システムやデータを破壊する危険性があります。レジストリの設定変更で、万一支障が発生した場合、当社では責任を負いかねます。

  • ・実際に作業を行う前にはデータのバックアップを行われることをお勧めします。

  • ・弊社ではソフトの利用・設定方法を含め、お問合せにはお答えできませんので、予めご了承ください。

  • ・RWINの値はネットワークの状態や接続先サーバーまでの距離等により動的に最適な値に設定するのが本来望ましい設定となります。このため、RWINの値を変更することで、速度が遅くなってしまうなど、弊害が生じる場合もあります。

  • ・接続先のサーバーが大きな値のRWINに対応していない場合には、RWINの設定を変更しても速度は向上しません。

  • ・Windows Vista, 7をご利用の場合はRWINは自動設定となっており設定を行うことはできません。また、MTUも十分大きな値に設定されていますので、設定変更の必要はありません。

設定方法

NetTuneというフリーソフトを使った設定方法

※設定方法はご紹介を致しますが、弊社ではソフトの利用・設定方法を含め、お問合せにはお答えできませんので、予めご了承ください。 ※NetTuneを使った設定変更でも、Windowsのレジストリの変更が必要になります。レジストリの設定変更を誤るとパソコンが起動しなくなったり、システムやデータを破壊する危険性があります。レジストリの設定変更で、万一支障が発生した場合、当社では責任を負いかねます。

【参考】設定後の速度測定結果

  • ・接続先サーバーまでの距離が遠い場合には、RWINを変更することで速度が向上しました。
  • ・接続先サーバーまでの距離が近い場合には、RWINを変更することで速度が遅くなり弊害が生じました。

【Windows XPの場合】

グラフキャプション
グラフ

測定条件
  • ■測定パソコン
  • ・CPU : CPU : Core 2 Duo 2.8GHz、メモリ : 3GB
  • ・OS : Windows XP
  • ■MTUは何れも1454を設定。

【Windows 2000の場合】

グラフキャプション
グラフ

測定条件
  • ■測定パソコン
  • ・CPU : CPU : Core 2 Duo 2.8GHz、メモリ : 3GB
  • ・OS : Windows 2000
  • ■MTUは何れも1454を設定。