OSとインターネットへの接続方法による速度の違い − 原因と対策 −

  • 要因1 パソコンの性能および宅内LAN環境
  • 要因2 接続先サーバーまでの通信距離
  • 要因3 通信経路の混雑
  • 要因4 接続先サーバーの負荷

ご利用のOSにより速度の違い及び対策についてご説明します。ご利用のOSをクリックしてください。

Windows 7をご利用のお客さま

ネットワークに最適な設定となるように自動調整機能を有しており、有効に機能しているため、インターネットの接続方法によらず、十分な速度が得られています。

グラフキャプション
グラフ

測定条件
  • ■測定パソコン − CPU : CPU : Core 2 Duo 2.8GHz、メモリ : 3GB
  • ■何れも有線にて接続。

Windows Vistaをご利用のお客さま

ホームーページを表示する接続先サーバーまでの通信経路が近く、インターネットの接続方法として「OS標準の広帯域接続機能」を利用している場合、接続機能の部分で遅延が生じ速度が遅くなっています。
また、接続先サーバーまでの距離が遠い環境でも、ネットワーク環境にあわせた自動調整機能が正常に動作した場合には、十分高速な数値となります。ただし、Vistaの自動調整機能は不安定であり、測定状況によっては速度が遅い場合があるようです。

グラフキャプション
グラフ

測定条件
  • ■測定パソコン − CPU : CPU : Core 2 Duo 2.8GHz、メモリ : 3GB
  • ■何れも有線にて接続。

解決策
  • ・接続先サーバーまでの距離が近い場合
    接続先サーバーまでの距離が近い場合には、「BBIQ接続ツール」や「ルーター」を利用することで速度を改善する場合があります。

    ※BBIQ接続ツールは、パソコン1台を直接回線終端装置やBBIQ光電話ターミナルに接続し、インターネットを利用する場合のツールです。ルーターにパソコンを接続されているお客さまはご利用いただけません。

  • ・接続先サーバーまでの距離が遠い場合
    接続先サーバーまでの通信距離が遠い場合において、速度が遅い場合もありますが、Windows Vistaではネットワーク環境にあわせた自動調整機能を有しており、お客さまの設定変更により高速化を行うことはできません。

Windows XPをご利用のお客さま

ホームページを表示する接続先サーバーまでの通信経路が近く、インターネットの接続方法として「OS標準の広帯域接続機能」を利用している場合、接続ツールの部分で遅延が生じ速度が遅い傾向があります。
一方、接続先サーバーまでの距離が遠い環境では、接続ツールの性能により遅延が生じたとしても、接続先サーバーまでの距離による遅延が大きくなるため、速度が遅い傾向があります。

グラフキャプション
グラフ

測定条件
  • ■測定パソコン − CPU : CPU : Core 2 Duo 2.8GHz、メモリ : 3GB
  • ■何れも有線にて接続。

解決策
  • ・接続先サーバーまでの距離が近い場合
    接続サーバーまでの距離が近い場合には、「BBIQ接続ツール」や「ルーター」を利用することで速度が改善する場合があります。

    ※BBIQ接続ツールは、パソコン1台を直接回線終端装置やBBIQ光電話ターミナルに接続し、インターネットを利用する場合のツールです。ルーターにパソコンを接続されているお客さまはご利用いただけません。

  • ・接続先サーバーまでの距離が遠い場合
    接続サーバーまでの距離が遠い場合には、RWINの設定を変更することで速度が向上する場合があります。

    • RWINについて
      注意:RWINの設定変更はWindowsのレジストリの変更が必要になります。レジストリの設定変更を誤るとパソコンが起動しなくなったり、システムやデータを破壊する危険性があります。レジストリの設定変更で、万一支障が発生した場合、当社では責任を負いかねます。

    設定方法はこちら

Windows 2000をご利用のお客さま

接続サーバーまでの距離が遠い環境では、接続サーバーまでの距離による遅延が大きくなるため、速度が遅くなります。
また、Windows 2000ではブロードバンドに最適な設定となっていないため、接続サーバーまでの距離に関わらず速度が遅くなります。

グラフキャプション
グラフ

測定条件
  • ■測定パソコン − CPU : CPU : Core 2 Duo 2.8GHz、メモリ : 3GB
  • ■何れも有線にて接続。

解決策
  • ・接続サーバーまでの距離が近い場合には、「BBIQ接続ツール」や「ルーター」を利用することで速度が改善する場合があります。

  • ・また、Windows 2000ではブロードバンドに最適な設定となっていないため、MTUを設定することにより、速度が向上する場合があります。

    • MTU、RWINについて
      注意:MTU、RWINの設定変更はWindowsのレジストリの変更が必要になります。レジストリの設定変更を誤るとパソコンが起動しなくなったり、システムやデータを破壊する危険性があります。レジストリの設定変更で、万一支障が発生した場合、当社では責任を負いかねます。

    設定方法はこちら

MacOS Xをご利用のお客さま

ネットワークに最適な設定となるように自動調整機能を有しており、有効に機能しているため、インターネットの接続方法によらず、十分な速度が得られています。

グラフキャプション
グラフ

測定条件
  • ■測定パソコン − CPU : CPU : Core 2 Duo 2.8GHz、メモリ : 3GB
  • ■何れも有線にて接続。